「1日1さじの酢」が不健康な体内をこう変える

ゆっくり食事できない日こそ活用すべき理由

●普段のご飯にプラス一品するならこれ!
・サラダ系
ドレッシングはオイルの有無に関わらず、ほぼお酢が入っています。ワインビネガーや梅酢の入ったドレッシングなども探せます。
・マリネ、ピクルス系
魚介類や野菜のマリネは、ビネガー料理の代表格。野菜オンリーの酢漬けであるピクルスも要チェックです。
・調味料系
コンビニには調味料コーナーがあり、そこには「酢」または「穀物酢」と書かれたお酢を購入できます。ご飯やパスタ、煮物、焼き魚、惣菜に少量かけてみましょう。
サラダや豆腐などをよく食べる方は自分専用のドレッシングやポン酢、卓上レモンをオフィスの冷蔵庫に忍ばせておくのもいいでしょう。
・ドリンク系
飲料メーカーや製薬会社からは、クエン酸や酢酸を摂取できるさまざまな飲料が登場しています。お気に入りを探してみましょう。

 

生活習慣病の予防としてはもちろんですが、人の体には普段からクエン酸や酢酸を必要とする器官が多く存在します。「疲れた時にすっぱいものを食べると元気になる」というのも、理にかなっているわけですね。

お酢は一度にたくさん摂取できるわけではありませんが、毎日の食事で少しずつ補えるよう、習慣づけてみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。