保存版!「食品機能」は悩み別にマスターせよ

腸、目、メタボ、ストレス…「第3の制度」を活用

拡大する食品の「機能性表示」。正しく活用できていますか?(写真:xiangtao / PIXTA)

昨年4月にスタートした「機能性表示食品」制度。開始から1年が経ちましたが、まだ「具体的に何のことかわからない……」という方も、意外と少なくないのではないでしょうか。

すっかりお馴染みになっている「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」と同様、「保健機能食品」という食品群に分類されるこの「機能性表示食品」、コンビニでもさまざまなアイテムに出合えるので、いつもの食事にプラスしたり、置き換えたり、活用してみましょう。

選択肢を増やすための「第3の制度」

この連載の記事一覧はこちら

同制度ができる以前、パッケージなどに機能性をはっきり表示できる食品は、特定保健用食品(トクホ)と、栄養機能食品の2つに限られていました。その後、健康効果に注目している国民の選択肢を増やす目的から、「第3の制度」がスタートしたわけです。

認可を受けた食品は、たとえば「腸内環境を改善する」「血中コレステロールが気になる方に」「肌の潤いを保つ」など、特定の健康維持・増進機能を表示できます。たくさんの栄養素・健康成分の情報があふれている昨今、こういった表示がされることで、自分の悩みに合った食品を探しやすくなり、間違った認識で商品選択をしてしまうことも減りそうですね。

ただ、「機能性表示食品」の場合、トクホと違って、機能性・安全性は事業者責任であることを覚えておきましょう。各社が社内の研究データや学術データを用いて、科学的根拠に基づいた機能性を表示しているため、もちろん医薬品とはまったく別物ですし、国が直接細かな審査を行っているわけでもありません。

その点を踏まえつつ、これらの食品に「頼りきり」になるのではなく、サプリメントのように体調悩みの改善や予防として、いつもの食事にプラスする形で取り入れるのがベストでしょう。

次ページ必ずパッケージの「裏面」をチェック
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT