保存版!「食品機能」は悩み別にマスターせよ

腸、目、メタボ、ストレス…「第3の制度」を活用

拡大する食品の「機能性表示」。正しく活用できていますか?(写真:xiangtao / PIXTA)

昨年4月にスタートした「機能性表示食品」制度。開始から1年が経ちましたが、まだ「具体的に何のことかわからない……」という方も、意外と少なくないのではないでしょうか。

すっかりお馴染みになっている「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」と同様、「保健機能食品」という食品群に分類されるこの「機能性表示食品」、コンビニでもさまざまなアイテムに出合えるので、いつもの食事にプラスしたり、置き換えたり、活用してみましょう。

選択肢を増やすための「第3の制度」

この連載の記事一覧はこちら

同制度ができる以前、パッケージなどに機能性をはっきり表示できる食品は、特定保健用食品(トクホ)と、栄養機能食品の2つに限られていました。その後、健康効果に注目している国民の選択肢を増やす目的から、「第3の制度」がスタートしたわけです。

認可を受けた食品は、たとえば「腸内環境を改善する」「血中コレステロールが気になる方に」「肌の潤いを保つ」など、特定の健康維持・増進機能を表示できます。たくさんの栄養素・健康成分の情報があふれている昨今、こういった表示がされることで、自分の悩みに合った食品を探しやすくなり、間違った認識で商品選択をしてしまうことも減りそうですね。

ただ、「機能性表示食品」の場合、トクホと違って、機能性・安全性は事業者責任であることを覚えておきましょう。各社が社内の研究データや学術データを用いて、科学的根拠に基づいた機能性を表示しているため、もちろん医薬品とはまったく別物ですし、国が直接細かな審査を行っているわけでもありません。

その点を踏まえつつ、これらの食品に「頼りきり」になるのではなく、サプリメントのように体調悩みの改善や予防として、いつもの食事にプラスする形で取り入れるのがベストでしょう。

次ページ必ずパッケージの「裏面」をチェック
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT