しょース!非常識調味料がバカ売れしたワケ

「笑いのツボ」は吉本仕込みだった

オリバーソースの道満雅彦社長。手にしているのが「しょース」と、ゆるキャラの「お・しょースさん」

ソースは、しょうゆと違って、地元だけで作られているケースが多いです。だからそれぞれの地元には、古くからのソースメーカーがあります。

地ソースと呼ばれ、全国の地ソースだけを取り寄せて販売するお店を取材したこともあります。日本でたくさんあるソースメーカーの中で、どこのソースが1番美味しいか。これを選ぶのは大変に難しいです。

そのお店の店主さんが、仰っていました。「結局のところは、自分が子供の頃に食べていたソースの味が1番美味しいのです」と。なるほど。小さい頃に口にした味が、懐かしさもあって、1番美味しく感じるのでしょう。

懐かしい原哲雄さんのCM

この連載の過去記事はこちら

神戸に、創業大正12年、老舗の中堅ソースメーカー(従業員約60名)があります。会社名がそのままブランドです。オリバーソースです。日本初のとんかつソースを発売したことでも知られています。ちょっと年配の人なら、テレビでよく宣伝していたのを覚えておられるでしょう。吉本新喜劇の「誰がカバやねん」こと原哲男さんのCMです。丸メガネの板前風おっちゃんが、にやりと笑ってソースを差し出していました。

この会社の玄関には、吉本興業のマークも貼ってあります。きっと吉本さんと関係が深いのかと思って、社長の道満雅彦さんにお聞きしました。

次ページ吉本興業との関係は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。