しょース!非常識調味料がバカ売れしたワケ

「笑いのツボ」は吉本仕込みだった

「そうなんです。もう先代の頃からお付き合いさせてもらっています。そんなこともあって、20年間以上もテレビCMを流していました」

吉本さんとのお付き合いもあってか、社内で学芸会「オクトフェスタ」を実施するなど、おもしろおかしい職場を目指しています。そして、こちらの会社で大ヒットしている2013年発売の新商品も、そんな雰囲気の中で生まれました。その商品名とは、「しょース」です。聞きなれない言葉ですが、醤油風味のお好み焼きソ-スとして開発されました。

当初は、そのまま「醤油風味のお好み焼きソース」の名前で売り出そうとしたのですが、道満社長が反対しました。「そんな当たり前の名前はアカンよ。もっとオモロクしないと」。そして「しょース」になりました。

「社員からはボロクソに言われました。でも発売前からテレビやラジオで取り上げられ、ブレイクしたのです」。醤油味のソースってどんな味やろ、と消費者の興味を惹きました。社内で「しょース」のキャラクターも募集。テレビ出演が決まると、社長さんも先頭に立って、ゆるキャラ「お・しょースさん」を作りました。おしょうさんがソースの壺を抱えている人形です。女性社員が踊りも振り付けました。発売からたったの半年で15万6000本を売り切る大ヒットになりました。

阪神大震災で大ピンチ

道満社長は、38歳の若さで社長に就任されました。定番のとんかつソースやどろソースで売り上げも右肩上がり、業績も絶好調でした。

そんな矢先、阪神淡路大震災が会社を襲ったのです。地震が直撃し、大変な被害を受けました。本社や3工場が焼失という大ピンチです。道満社長は、廃業も考えたと言います。ただ従業員の、もう一度ソースを作りましょう、という熱意に励まされて、再開を決意します。4カ月後には、仮設で生産を開始しました。

ただ数カ月間、小売店の棚からオリバーソースが消えていました。生産再開後も、その棚を埋めていた代替の競合商品から、売り場を奪い返せない量販店もありました。加えて、神戸市の震災復興計画で、本社のある兵庫区松本通りが区画整理地域になりました。震災復興に協力を決意、市の推奨するポートアイランド2期の地に移転することとしました。ダブルパンチのようなものです。

次ページ最新の工場を建設
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT