浪費に走る妻、残念ながら原因は夫にある

妻の金銭感覚を正常に戻すには?

金銭感覚を正常にする特効薬のような方法があればいいのですが、私にはあなたが渡す生活費を減額するのと夫人の教育以外、アイディアが見つかりません。

減額の理由は、食物を平気で捨てるのを目にするのは、自分が稼いだおカネを無駄に捨てられているようで我慢ができないなど、いろいろ説明できると思います。

一緒にすばらしい話を聞いても、ある人は座右の銘にし、ある人は聞き流すなど人それぞれで、あなたの金銭感覚教育が夫人にどれほど効果を持つかは保証できません。しかし何も言わず苦々しく思っているだけよりは、積み重なれば夫人も何かを考えるはずです。

そして共通の友人や親戚への交際費も、一切あなたがすることにして、それも減額対象です。あなたが正しい交際費を使うことで、彼女は学ぶはずです。交際費は心のやり取りであることを教えるべきです。

ハッキリと妻に伝えるべき

これは多いほど良いというのではなく、身の丈に合っていて心がこもっているべきだという意味です。「財布からおカネが出て行く」視点でしか交際費を考えられない妻にそれを任せている夫婦は、周囲から間違いなく、バカップルと呼ばれているものです。

「脅迫ではないが、このままいけば夫婦関係に溝が入る問題だ」とはっきり言うべきです。と申しますのも、先の項で挙げました自分には糸目をつけずおカネを使うが、家族や他者へは極度にケチな妻たちの夫婦関係は、かなり冷めているか、バカップルになっているのがほとんどだからです。

浪費家、中でも自分で稼いだわけでもないおカネを浪費する人の金銭感覚を直すのは、至難の業です。これは相手に、想像力や他者への配慮がかけており、極めて自分勝手で、かつ反省はせず相手ばかり責めるタイプが多いからです。

それでも、何も言わずに我慢するより、厳しく教え、供給するおカネの金額を引き下げ、自分で稼ぐことがどれだけ大変かを実感させなければなりません。さもなくば、無駄な浪費と肝心なところでのケチという最悪のコンビネーションは、今後もずっと、治ることがないでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。