募る妻への嫌悪、どう離婚を切り出すべきか

人生は一度きり、独身に戻りたい!

ヒステリックな妻の顔色をうかがってしまう生活に疲れました(写真 :xiangtao / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私は結婚歴15年で、妻と2人の息子がいます。お見合い結婚で、恋愛感情も持たないまま、妻のしっかり者で明るい性格が親の目にかない、結婚しました。お互いの性格や価値観に随分開きがあると感じていましたが、恋愛感情で盲目になるより良い選択だと、当時の私は思いました。
ところで妻には最初から、妻として母としてこうあるべきだというひとつの理想が有ったように思います。妻は、その理想実現のためしゃかりきになっているところがあり、つねにヒステリックで融通が利きません。
たとえば妻は親戚や人付き合いがよく、周囲の評判も高く、いい結婚をしたと私はいつも羨ましがられてきました。しかし彼女は家庭内では、正反対です。几帳面な彼女は、自分が思うように家事が進まないと、すぐにヒステリックになります。子どもたちにも異常に厳しく、ときに軍隊のような約束事や時間の守らせかたです。
それでいて自分の感情の起伏は激しく、外での小さな人間関係のトラブルにも、異常なしつこさで相手を恨み、根に持ちます。その執念深さは何かにつけて家族に影響し、何か鬱憤を日々貯めていって、自分を悲劇の主人公に仕立てていっているようなところがあります。そして不機嫌が高じると、ひと月でもふた月でも家族と口を利かないのです。
ゴタゴタすることが嫌いな私は、できるだけ触らぬ神にたたりなしの構えで、彼女と接してきました。気が付けば私はいつも妻の顔色をうかがい、何かで彼女が機嫌を損ねて家庭が陰険な雰囲気にならないか、びくびくしているところがあります。最近、この生活にすっかり疲れました。10人よれば10人が褒める彼女の外ヅラのよさも演技にしか見えず、かえってそれも嫌悪感が増す材料です。
2人の息子は大切な存在ですが、私自身の人生も一度しかありません。妻にはなかなか切り出せないでいますが、独身に戻りたいという私の夢は贅沢でしょうか。
内田(仮名)
次ページパンプキンからのコメントは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。