お金にルーズな夫の子を妊娠、中絶すべきか

ダメ夫の再起を信じてはいけない

子供ができましたが夫がおカネにルーズで困っています(写真 :KAORU / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私は結婚して1年、妊娠3カ月になりますが、夫が嫌になってきました。この1年、夫が家に入れたおカネは家賃と電気代のみです。その他の生活費や夫の仕事に使う諸々のおカネは私が払ってきており、ちゃんと返すから、なんとかするからと言っていますが一度も返ってきたことがありません。
毎月支払いのたびに貯金をおろし困っているのに、彼は私のカードを平気で使い、その神経を疑っています。彼に貸したおカネだけでも100万円は越えました。義母はとてもいい人でこの状況に絶句していましたが、義母は義母で支払いが足らないと言われ、おカネを出していたのです。義母と2人でもう絶対おカネは出さない、彼の後始末はしないと約束しましたが、また今月20万円の請求がきています。
はっきり言って子どもを産んだら、もう後戻りできないのではないかと不安でなりません。一方結婚を決めたのは自分なので、夫を育てられてない自分自身が虚しくなります。私が育休に入ると給料が無給になるので、それが逆にいい機会になると信じていますが、今は大きく構えられません。
本当に嫌で嫌でたまりません。この子を産むべきか本気で悩んでいます。年齢のことを考えると子供をもつチャンスを逃すことになりますが、夫のせいで生活の見通しがまったくもてないのです。産まない決断をした場合、慰謝料や今まで支払ってきた金額を清算した後でしか、離婚はしないつもりです。とても悩んでいます。
友子(仮名)
次ページパンプキンからのコメント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT