ヒモ以下の借金地獄夫は躊躇せず切り捨てよ 誠意と努力の無い者は「再起不能」である

✎ 1〜 ✎ 137 ✎ 138 ✎ 139 ✎ 最新
拡大
縮小
300万円に膨れ上がったカードローン。私の給料のほとんどを返済に充てているのに、夫は生活の見直しをしてくれず……。(写真 : HighwayStarz / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています

私は、小学生の子供二人を持つ、40代の派遣社員です。夫は web関係の自営業です。子供が幼いころは、私も事務を手伝っておりましたが、その後資金繰りが悪化して子供の学資保険なども解約し、私の両親から借金もしました。
その後私はパートで働いたのち、現在はフルタイムで働いております。夫は銀行からの融資やカードローンを組めない身分なので、私名義で複数のカードローンを組み、それが300万円に膨れ上がりました。私の給料のほとんどが、カードローンの返済に充てられ、2~3万円しか手元に残りません。借りては返しの繰り返しで、生活は苦しくなる一方です。
それをなじると、「今まで楽して子育てだけをして来たのだから、これしきの苦労は当然だ」「家賃を払って生活ができてこられたのは、この俺のおかげだ」「今の転職先は、顔が広い俺のおかげで、お前の能力だけでは、どこにも勤め先はなかった」などと、逆切れされるありさまです。
私は持病の神経痛の治療も、経済的な問題で受けられないのに、自分は東京や海外への出張・他会社の社長さんたちとの会食など、ほぼこれまでどおりの生活をしています。そして土・日曜は昼間から酒を飲み、創作活動に必要だからとプラモデルやゲーム・DVD鑑賞に夢中です。少しでも収入になるアルバイトをするという発想がありません。
私はとうとう我慢ができず、子供を置いて実家へ帰ってきてしまいました。毎晩、子供を置いて出てきてしまった自分を責めています。子供のためにはもう一度、このつらい状況でも耐え、家族として乗り越えるべきでしょうか?
はるママ
次ページパンプキンからのコメントは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT