「働かずに生きたい」はろくでなしですか

自由を求めて生きるアナーキストたち

働かずに好きなことだけをして、たらふく食べたい……(写真:はざまたすき / PIXTA)

著者は35歳、独身。職業は大学の非常勤講師。借金は635万円。日本学生支援機構から借りた奨学金だ。年収は80万円だが、これでも収入は上がってきた。大学院を出た2009年から2013年までは10万円だった。もちろん、現在も自力では暮らせない。埼玉県の実家で、親の年金に寄生して生きている。

「ろくでなし」、「ひとでなし」、「いいかげん働け」

と批判が飛んできそうだが、著者は拒絶する。やりたくないことはやりたくない。はたらかないで、たらふく食べたい。合コンに行きたい。もてたい、もてたい、もてたい。本を読んでごろごろしたい。通勤電車はいやだ。完全にだだっ子なのだが、著者は自らの生のうめきを過去の歴史上の思想と結びつけ、なんだか心地のいい生き方を示してくれる。

アナーキスト、大杉栄を手本に

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

本書『はたらかないで、たらふく食べたい』の中で頻繁に登場するのが大杉栄だ。「アナーキストで関東大震災の後で虐殺された人」程度の認識しかない人も少なくないだろう。

「赤ん坊になりたい。おぎゃー、おぎゃー。だだをこねたい。ちやほやされたい。しゃぶりつきたい、素っ裸の女の胸に。わたしは大杉栄の思想はそういうものだと思っている」

大杉は確かに自分のやりたいことしかやらない。おカネのためにやりたくない仕事をするなんてとんでもないし、カネがなければ、愛人に貢がせる。ぶち切れた愛人に刺されても反省しない。別の愛人の伊藤野枝なんて出会ってから28歳で死ぬまで、妊娠が可能な期間はほぼ毎年妊娠している。6年で5人。どんだけ、やりたい放題なんだ大杉栄。

そんなに自由に振る舞ったら生活が立ちゆかなくなるのではと思うのだが、大杉に拠る著者は相互扶助があれば大丈夫と説く。

次ページ生の無償性さえあれば生きられる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。