ローソン、SNS躍進の仕掛人

"お荷物社員"を変えた出会いと学び

大学院での出会いがキャリアの転機に

「ネガティブなコメントも多いかとビクビクしていたんですけど、『あきこちゃんかわいいね』と好意的な反応が多かった。批判コメントも『あきこちゃんに言ってもしょうがないだろう』とフォローされたり、キャラで得している面はありますね」

今年、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会・Web広告研究会の第10回Webクリエーション・アウォードで「Web人大賞」を受賞した白井氏だが、ここまでのキャリアは決して順風満帆ではなかった。

大阪から公募に応じて東京へ異動になったが、配属先は希望した部署ではなかった。04年に広告販促企画部に異動したあとも、「全然仕事が出来なくて、評価も最低ランク。お荷物社員で腐っていました」。

そこで一念発起して、06年から法政大学院へ通った。経営大学院マーケティングサービスマネジメントコースを修了し、MBAを取得したのだ。「大学院の友達とか、先生とか、そこで知り合ったいろんな起業家の方のお話を聞くようになって、会社の外に出て自分で仕事を取ってくるような動き方をしよう、と考え方が変わりました」。SNSプロジェクトでも、当時の人脈が助けになったという。

次ページ炎上は初期消火が一番
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。