マクドナルドに続け!熱いコーヒー戦争の行方

セブン−イレブン、ローソンも本腰

外食やコンビニがコーヒーの販売に力を入れている。日本マクドナルドは2月に「プレミアムローストコーヒー」を刷新した。Sサイズで140円と低価格ながら、従来より豆の焙煎を深め、味わいを向上させたという。

コンビニも店頭で販売する1杯150円前後のコーヒーを強化している。サークルKサンクスは約4000店にコーヒーマシンを導入しており、8月までに全6300店に導入する見込みだ。

セブン−イレブンは2000店で展開。ローソンも「MACHIcafe」ブランドを設立し、現在の860店から2013年3月までに2500店へ拡大を目指す。

各社がコーヒーの販売を強化するのは、「集客力が非常に高い」(ローソンの吉澤明男・CVSグループMACHIcafe推進部長)うえ、利益率がよいからだ。

きっかけはマクドナルドの成功にある。同社は08年に従来より高品質な豆を使用したプレミアムローストコーヒーを低価格で発売。それまでコーヒーの年間販売数は約1・7億杯だったが、新商品の発売後は一気に2・5億杯まで増えた。いまや「コーヒーは最も注文数が多い基幹商品」(原田泳幸会長兼社長)に育った。

スタバも対抗商品

これを受けて、モスフードサービスや日本ケンタッキー・フライド・チキンなど競合他社も高品質コーヒーを次々に発売した。

次ページマックはスタバを飲み込むか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT