マクドナルドに続け!熱いコーヒー戦争の行方

セブン−イレブン、ローソンも本腰

外食やコンビニがコーヒーの販売に力を入れている。日本マクドナルドは2月に「プレミアムローストコーヒー」を刷新した。Sサイズで140円と低価格ながら、従来より豆の焙煎を深め、味わいを向上させたという。

コンビニも店頭で販売する1杯150円前後のコーヒーを強化している。サークルKサンクスは約4000店にコーヒーマシンを導入しており、8月までに全6300店に導入する見込みだ。

セブン−イレブンは2000店で展開。ローソンも「MACHIcafe」ブランドを設立し、現在の860店から2013年3月までに2500店へ拡大を目指す。

各社がコーヒーの販売を強化するのは、「集客力が非常に高い」(ローソンの吉澤明男・CVSグループMACHIcafe推進部長)うえ、利益率がよいからだ。

きっかけはマクドナルドの成功にある。同社は08年に従来より高品質な豆を使用したプレミアムローストコーヒーを低価格で発売。それまでコーヒーの年間販売数は約1・7億杯だったが、新商品の発売後は一気に2・5億杯まで増えた。いまや「コーヒーは最も注文数が多い基幹商品」(原田泳幸会長兼社長)に育った。

スタバも対抗商品

これを受けて、モスフードサービスや日本ケンタッキー・フライド・チキンなど競合他社も高品質コーヒーを次々に発売した。

次ページマックはスタバを飲み込むか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT