マクドナルドに続け!熱いコーヒー戦争の行方

セブン−イレブン、ローソンも本腰

 こうした追撃に既存のコーヒーチェーンも黙っていない。大手のスターバックスは新商品の「ブロンド ロースト」を3月中旬から発売する。同社は深いりの濃い味を売りにしてきたが、新商品は同社初となる浅いりでブレンドコーヒーの味に近い。「当社のコーヒーを敬遠した人にも楽しんでもらいたい」(関根純・スターバックス コーヒー ジャパンCEO)。

スターバックスには苦い経験がある。08年にマクドナルドがプレミアムコーヒーを発売した際、顧客を奪われて営業減益となった。米国での競争はさらに激しい。マクドナルドとの競争で、米スターバックスは08年に創業以来初の最終赤字に転落。600店を超える大量閉店など打撃を受けた。ブロンドの発売については、「マクドナルド対策だ」と見る業界関係者もいる。

一方、商品ではなく店作りで迎え撃つコーヒーチェーンもある。ドトールは今後の新規出店のうち、半分弱で面積を従来の2倍に拡大。内外装を白に統一した全面禁煙の新型店などを出す。手薄だった女性を呼び込む狙いだ。

はたして勝者は誰か。異業種が入り乱れたコーヒー戦争は、ますます過熱する。
(撮影:今井康一)(週刊東洋経済2012年3月17日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。