ローソン、SNS躍進の仕掛人

"お荷物社員"を変えた出会いと学び

炎上を防ぐノウハウ――初期消火が大切

批判の少ない「あきこちゃん」だが、ネット上では“炎上”に近い状態も経験している。12年4月、公共無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」を開始した際のこと。

ツイッターで影響力の強いユーザーから「セキュリティポリシー上、規約が弱いのでは」との指摘が上がったのだ。法的には問題なかったのだが、「ローソンが反論しても、その方の周囲では納得感がなかった」。

「社内では『なんでウチが謝んなきゃいけないんだよ』みたいな反応もありましたが、いろいろなSNSのログやブログをあえてプリントアウトして膨大な資料にして、『こんな状況です』と上司に訴えました」

「これが正しいからという問題ではなくて、世論的にこう言われているんだから、それに対して企業としてはこう返すべきじゃないですか、と社内で丸一日、侃々諤々(かんかんがくがく)の議論をしました」

サービス開始から4日後、ローソンはログインにパスワード変更機能を追加するなどセキュリティ強化方針を発表し(実施は5月から)、ネットでの炎上を食い止めた。SNSに真摯に取り組んでいたからこそ、早めの「火消し」に成功したといえる。

“敵”は内にもいる。14万人いるローソンクルーの不用意な書き込みだ。商品の発売情報などが漏れないよう、指導を徹底するのも重要だ。「クルーがツイッターで余計なことをつぶやいたりしないように、いかに早く検知して、本人を特定して再指導するかが重要。研修段階から指導したり、雇用契約書にも明文化して、罰則規定など社内の仕組みから全部変えました」。

次ページ息抜きこそ本気でかかる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。