SNSはカネにならない、狙うは垂直モデル

リクルートのネット戦略

リクルートのネット戦略--SNSはカネにならない、狙うは垂直モデル

情報誌からネットに軸足を移した現在。リクルートの歴史で振り返りたくない、大失敗の案件がある。1999年に始動した「ISIZE(イサイズ)」だ。

時はポータル(玄関)サイトの乱立時代。ISIZEも、ヤフーやインフォシーク、ビッグローブなどと主導権争いを演じたが、ほとんど健闘できないままに終始した。国内ではヤフーが多数派を占め、世界では今やグーグルが覇権を握る。

とはいえ、リクルートも派手な話題こそないが、既存のメディアではそれぞれネット化を進めてきた。『リクナビ』や『じゃらんネット』は、その典型といえよう。実際に売上高に占めるネット・モバイル比率は、2002年3月期の12%から、前期は46・7%まで拡大。その反面、有料誌などは84・1%から29・3%まで、大幅に落ちている。

なぜISIZEがブレークできなかったのか。

ISIZEの場合、バラバラに展開していたネット上のメディアを横串で刺し、一気にブランドとして売り出す狙いもあった。が、1つの事業をバーティカル(垂直)に掘り起こすのは得意だが、「部門間の横の連携となるとまるで弱い」(リクルートOB)のが、リクルートのカルチャー。そこをまとめようとしたのがそもそも無理だった。

競合プレーヤーの数も、紙の時代とは比較にならないほど多い。かつてリクルートはテレビなどマス広告に対し、ターゲットを絞った情報誌ですみ分けてきた。企業に広告枠を売り込む営業部隊も貴重な戦力だった。それがネットの時代では、さらに市場が細分化されたうえ、人員を抱えない身軽なベンチャーでひしめき合っている。

 

■■週刊東洋経済■■ - ≫≫詳細・お求めはこちら!
週刊東洋経済の詳細はこちら

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。