SNSはカネにならない、狙うは垂直モデル

リクルートのネット戦略

 

「われわれは有効で価値のあるビッグデータを持っている」(峰岸社長)。確かにリクルートといえば、就職から旅行、住宅など40もの分野で、莫大なデータを蓄積している。ビッグデータと呼ばれるこの圧倒的情報量を活用し、個人の属性を徹底的に分析すれば、競合他社との差別化につながる。

たとえば、新築マンションを購入したいというユーザーには、最適な価格や間取り、エリアの物件をタイムリーに、瞬時に提案する。そのために専門のデータサイエンティストを数十人雇い、中には日本で数本の指に入る逸材も含まれるという。

万人に支持されるフェイスブックになる必要はない。リクルートが目指す場所は、あくまで垂直、その領域領域で深掘りを極める立ち位置だ。それが正しかったかどうか、答えが出るまでの猶予は短い。

※週刊東洋経済8月25日号「リクルートの正体」は全国大型書店、またはamazon等にて好評発売中

■■週刊東洋経済■■ - ≫≫詳細・お求めはこちら!
週刊東洋経済の詳細はこちら

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。