SNSはカネにならない、狙うは垂直モデル

リクルートのネット戦略

 

「ネット広告ではほぼすべて成果課金に移行している」。医療業界の人材紹介で競合するレバレジーズの岩槻知秀社長は指摘する。従来の期間ごと、ページ丸ごといくらのどんぶり勘定は、もう通用しないからだ。

ISIZE失敗の教訓 ビッグデータで深掘り

だが、転んでも、タダでは起きない。失敗から何度でも学ぶのもまた、リクルートが持つDNAである。

「ユーザーを何億人も集めたところで、そんな簡単にはマネタイズ(収益化)できない」。リクルートでネット戦略を担う、池内省五取締役はそう疑問を投げかける。

世界で約9億人のユーザーを持つフェイスブックすら、上場直後の2012年4~6月期決算は最終赤字に陥った。膨大なユーザー数が収益力に結び付かない現状に市場の目は厳しい。

ネットの世界では、ユーザーのアクセス手段が次々変わるのが常だ。かつてのポータルからブログ、さらにはSNS、ツイッターへと、主役はどんどん交代する。はやり廃りは秒速スピードだ。いたずらに流行に乗っかったりせず、大きな潮流を見極める目を持たないと、持続性あるビジネスはできない。

リクルートは反省した。全方位を向く水平モデルでなく、各領域で個人と企業をマッチングする垂直モデルの追求へと、戦略を仕切り直す。峰岸真澄・新社長自身、情報誌のネット化を推進してきた人物。柏木斉・前社長の世代までと異なり、ITリテラシーは高い。

■■週刊東洋経済■■ - ≫≫詳細・お求めはこちら!
週刊東洋経済の詳細はこちら

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。