ここまで入念!「女が辞めない会社」の名采配

環境整備は「少しでも手を抜けばすぐバレる」

軽自動車整備の現場にはあまりない設備も導入

整備工場のほうにも目を向けてみます。現状、整備士の世界は「体力・筋力勝負」で「女性エンジニアはゼロ」というディーラーが多い中、青森ダイハツモータースの女性エンジニアは5人。全体の約6%と、決して低くない水準を長くキープしています。

なぜ、女性エンジニアの採用に成功し、定着、活躍を進めることができたのか。その秘訣を探ると、「働きやすい整備工場」を目指して実施された、細かな心配りの積み上げが見えてきます。

最初に、整備工場内に女性専用のトイレを創りました。工場など従来女性が少ない職場においては、女性専用トイレがない現場はまだまだ多いものなのです。身体が冷えやすい女性社員のことを考え、工場内には暖房も設置しました。さらに、女性でも作業しやすいオイル交換設備を導入、車体の下に潜らなくてよくなったため、作業者が油まみれになることを防げるうえ、工場内もクリーンに保てるようになりました。

少しでも「男性偏重」が残っていれば、すぐにバレる

また、軽自動車の整備にはあまり用いられない「タイヤリフター」という機材も追加。これは女性エンジニアのみならず、元々腰痛に悩まされていた高齢社員をも好評だったそうです。

工具についても、「汚れても壊れてもそのまま使え」から「壊れたらすぐに取り換えよう」という方針に180度転換。おかげで工場内はいつもピカピカ、誰にとっても気持ちのいい状態が保たれています。

今年の4月、同社の女性エンジニアはさらに2人増え、7人になる見込みです。男性色が強い世界で女性が活躍することで、よりいっそう女性顧客の気持ちに寄り添い、キメ細かいサービスができるようになるはずです。

「顧客からも、社内からも、『変わった』という声が多くきかれるようになった」(松沼社長)だけでなく、同社はダイハツ全販売会社60社の中で、最も顧客満足の高い会社・第2位(2015年度)表彰されました。厚生労働省が実施する「均等・両立推進企業表彰(均等推進企業部門)2015年度においても「青森労働局長奨励賞」に輝いています。

「女性活躍に取り組むなら『覚悟』を決めなくてはなりません。女性は敏感です。やっぱり男性の方が……なんてことを少しでも思っていると、すぐにバレます。自分ひとりではできませんが、心から社員の意見に耳を傾け、社員同士の心が通じ合う環境を整える。こちらも真正面からぶつかっていくと、社員もだんだんと歩み寄ってくれるのです」(松沼社長)

(構成:坪田塁)

前編:男中心の業界でも、「女に頼れる会社」が勝つ

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍を拡げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。
講演・セミナーのお問い合わせはこちら → kouen@yoshidamsaki.com

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT