顔や首がカサカサ…それは「肌の花粉症」かも

この時期、肌は「体の内と外」から強化すべし

冬だから肌が乾燥している…というだけではないかもしれません(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

今年のスギ花粉の飛散量は、昨年に比べると”やや少なめ”ということですが、毎日つらい症状に悩まされている方は少なくないはずです。

一方で、鼻にも目にも異常なし!という方も、実は安心できません。近年「花粉症皮膚炎」の患者が増えているのです。

特にスギ花粉による皮膚炎発症者は多く、2~3月になると肌全体がかゆい、顔や首が乾燥する、シャワーのとき肌がヒリヒリする……といった症状が出ます。思い当たる方がいるのではないでしょうか?

まぶた、ほお、あごなどがカサカサになり……

この連載の過去記事はこちら

花粉症患者数の正確なデータはないものの、厚生労働省が1万人を対象に行った疫学調査では、全国平均で約15.6%の人が症状を訴えており、その中の70%が「スギ花粉症」ということです。日本のスギの木の量は、面積にして国土の約12%。北海道や沖縄のようにスギがほとんどない地域を除けば、症患者は全国に散らばっています。

花粉症の主な症状は、くしゃみや鼻水、のどの痛み、目のかゆみなど。患者の多くは、耳鼻咽喉科や内科を受診しています。しかし近年、花粉による皮膚炎の患者数が増え、皮膚科を受診する数も増えてきました。

具体的な症状は、まぶた、ほお、あご、首などの皮膚がカサカサになり、さらに乾燥した皮膚に花粉が付着して炎症を起こし、かゆみや赤みがひどくなる、というもの。もともと肌が乾燥しやすい方、アトピー性皮膚炎の方や、従来の花粉症の症状が毎年ひどい方は、特にこの皮膚炎にかかりやすいようです。

次ページ今すぐ身につけたい!3つのケア習慣
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT