顔や首がカサカサ…それは「肌の花粉症」かも

この時期、肌は「体の内と外」から強化すべし

冬だから肌が乾燥している…というだけではないかもしれません(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

今年のスギ花粉の飛散量は、昨年に比べると”やや少なめ”ということですが、毎日つらい症状に悩まされている方は少なくないはずです。

一方で、鼻にも目にも異常なし!という方も、実は安心できません。近年「花粉症皮膚炎」の患者が増えているのです。

特にスギ花粉による皮膚炎発症者は多く、2~3月になると肌全体がかゆい、顔や首が乾燥する、シャワーのとき肌がヒリヒリする……といった症状が出ます。思い当たる方がいるのではないでしょうか?

まぶた、ほお、あごなどがカサカサになり……

この連載の過去記事はこちら

花粉症患者数の正確なデータはないものの、厚生労働省が1万人を対象に行った疫学調査では、全国平均で約15.6%の人が症状を訴えており、その中の70%が「スギ花粉症」ということです。日本のスギの木の量は、面積にして国土の約12%。北海道や沖縄のようにスギがほとんどない地域を除けば、症患者は全国に散らばっています。

花粉症の主な症状は、くしゃみや鼻水、のどの痛み、目のかゆみなど。患者の多くは、耳鼻咽喉科や内科を受診しています。しかし近年、花粉による皮膚炎の患者数が増え、皮膚科を受診する数も増えてきました。

具体的な症状は、まぶた、ほお、あご、首などの皮膚がカサカサになり、さらに乾燥した皮膚に花粉が付着して炎症を起こし、かゆみや赤みがひどくなる、というもの。もともと肌が乾燥しやすい方、アトピー性皮膚炎の方や、従来の花粉症の症状が毎年ひどい方は、特にこの皮膚炎にかかりやすいようです。

次ページ今すぐ身につけたい!3つのケア習慣
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT