めまいでも注意!「食事で血流改善」の具体策

それは"病の前兆"かも…まず何をすべき?

「目眩」はあらゆる病気の前兆かもしれません(写真:poosan / PIXTA)

3月は気温の変化が激しい月。真冬のように寒い日もあれば、5月並みの陽気になる日もあり、体内の自律神経系は混乱状態に陥りがちです。

そんな時に起こりやすいのが「目眩(めまい)」です。厚生労働省の「国民生活基礎調査」によれば、約240万人の日本人が目眩で悩んでいるそうです。今日はその実態と、改善食について考えてみましょう。

目眩は「血流悪化」の証拠?

この連載の過去記事はこちら

気温の変化はもちろん、冷え症、花粉症、ストレス、運動不足などなど、目眩が起こる原因は実にさまざま。症状別にすると、大きく4つに分類されます。

1, 回転感を主とする目眩:文字通り、ぐるぐると回っているような感じ

2, 動揺感、浮動感を主とする目眩:ふわふわとした夢見心地的な感覚、乗り物に乗っているような感じ

3, 失神系の目眩:意識を失ったり、頭から血の気が引くような感じ、突然目の前が真っ暗になる感じ

4, 起立、歩行時にふらつきを伴う目眩:立ちくらみなど

心当たりがある方も多いのではないでしょうか。1~4の特徴にかかわらず、目眩が起きている体は「血流が悪くなっている」のが大きな特徴。特に脳や耳周りの血管は細いので、このあたりの血流が悪くなると、平衡感覚が低下し、体がふらつくのです。

次ページ自分でできる改善法はこれだ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT