縮小が続く宝飾業界にも高成長企業がある

就活生のための成長企業研究<1>

今後、日本経済がデフレを脱却すれば、ボリュームゾーン中心に宝飾需要は上向いていく。ライバルの少ない宝飾卸業界大手企業として、景気回復期には売上げ、利益ともにその恩恵を享受できるだろう。

宝飾卸トップの桑山はJASDAQ上場企業だ。同社も宝飾品市場が縮小する中で、売上縮小に苦しみ続けた。しかし、市場全体が縮小する環境を桑山は見事にチャンスに変えてみせた。

2000年代に入り、桑山は卸として商品供給力を戦略的に強化した。宝飾業界は12月が書き入れ時。小売店は12月の品ぞろえを充実させるために、卸会社に大量の発注をする。

しかし、売れ残った場合の対応が難しいので、多くの卸会社は小売会社の注文通りには応えない。そのギャップを桑山はチャンスと捉えた。同社は小売店の注文にそのまま応えることで競合会社との差を決定的なものに広げた。

同業他を積極的にM&A

桑山はメーカー機能も持っているので、小売店に対してきめ細かな商品供給をすることができたのだ。他社メーカーからの仕入れでは商品納入に時間がかかるし、小ロットの注文も受けてくれない。

さらに、同業他社を吸収合併することで、国内シェアが拡大。消費増税による駆け込み需要の反動が生じた2015年3月期も、売上高は371億2500万円(前期比3.6%増)と増収を達成した。

海外での製造設備増強にともなう先行コストが発生した影響もあり、営業利益は14億円と前年を若干下回ったものの、売上高は、10年前の2005年3月期と比べ58%の増加と、縮小する業界の中での「勝ち組」の地位を固めている。

2016年3月期も、前期からの設備先行費用の発生が続き、営業利益の減少が見込まれる。しかし、2017年3月期以降は海外市場での売上げ拡大と、生産効率上昇による利益率改善も合わさって、営業利益が過去最高となる見込みだ。

次ページ「儲からない衰退業界」だから有利
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT