アップルが「iPhoneの次」に狙っていること

スマホ成熟期を迎え、ビジネスの力点に変化

しかし、アップルだけの世界に脚を踏み込んでいくことに抵抗感を感じる消費者もいるはずだ。アップルほどの巨大企業が急に事業の核となるサービスを止めたりはしない……とは思うが、ネットワークサービスへの依存度が増えるとサービス仕様(価格も含む)の変更や、事業終了が発表されて移行しなければならない時のリスクが高まる。

iOSを担当するプロダクトマーケティングVPのブライアン・クロール氏は「iCloudの提供が中断するようなことは、確信を持って”ない”と言える」と話す。サービスとアプリケーションが表裏一体の現代においては、その言葉を信じるほかないが、視点を変えてアップルが取り組んでいる、デバイスを越えたシームレスな連動をどう伝え、新たな顧客獲得へとつなげるのか?については、まだ課題がある。

iCloudの課題とは?

たとえば、Mobile.meの時代にはWindowsもサポートされ、Windowsを拡張するためのユーティリティが提供されていた。iCloudではアプリケーションをWebブラウザから利用できるものの、前述したような流れるような連携は望めない。せいぜい、オンラインストレージを通じてファイルを受け渡す……程度でしかない。

そもそも、コンシューマニーズとオフィス生産性ニーズをカバーするアップル謹製アプリケーションは、WindowsやグーグルのAndroidには提供されない。言い換えれば、アップル製品だけで固めているユーザー以外は、アップルがどこまでこだわって複数デバイスの連動機能を仕上げているかを体験するチャンスがない。

アップルストアに赴けば、そうしたデモンストレーションを見ることもできるが、本当にアップルが統合された世界観を広め、さらなる事業基盤の強化へとつなげたいのであれば、その入り口、あるいはエッセンスに触れるチャンスを、アップルコミュニティの外からも触れる機会を用意しなければならない。

また、いくらネットのパフォーマンスが向上したとはいえ、クラウドだけが、複数デバイス連動の媒介役なのでは、扱う情報量に自ずと限界が出てくる。たとえばAirMac Extremeのようなストレージ機能を持つWiFi基地局などを用い、iCloudと連動しながらより大きな情報を扱える仕組みも必要になる。

まだ完璧とは言えないものの、「ひょっとしてアップルならやってくれるのでは?」と期待できるところにまでは、完成度は上がってきたといえるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT