「イスラム国」の"ネット勧誘"には対抗できる

フェイスブックCOOのアイデアとは?

フェスブックの最高執行責任者(COO)、シェリル・サンドバーグは1月20日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの年会会場でスピーチをした際、イスラム国(IS)のオンライン勧誘戦略には「反論スピーチ」によって対抗できると語った。

「ISの勧誘活動を批判するために最も良いことは、ISに勧誘され、実際の体験がどんなものであるかを理解し、そこから逃亡し、真実を伝えるために戻ってきた人々の声なのです」と彼女は言った。「インターネットへの接続は、世界の富裕層の間だけのものにしておくには、あまりに重要なものです。世界には、(情報への)アクセスがない人が40億人います。そして、アクセスできた時には、彼らはより高度な教育を受け、より多くの求人を得て、より長く、健康で、生産性の高い人生を得られるのです」。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。