「イスラム国」の"ネット勧誘"には対抗できる

フェイスブックCOOのアイデアとは?

フェスブックの最高執行責任者(COO)、シェリル・サンドバーグは1月20日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの年会会場でスピーチをした際、イスラム国(IS)のオンライン勧誘戦略には「反論スピーチ」によって対抗できると語った。

「ISの勧誘活動を批判するために最も良いことは、ISに勧誘され、実際の体験がどんなものであるかを理解し、そこから逃亡し、真実を伝えるために戻ってきた人々の声なのです」と彼女は言った。「インターネットへの接続は、世界の富裕層の間だけのものにしておくには、あまりに重要なものです。世界には、(情報への)アクセスがない人が40億人います。そして、アクセスできた時には、彼らはより高度な教育を受け、より多くの求人を得て、より長く、健康で、生産性の高い人生を得られるのです」。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。