アメリカで頻発する「保険危機」とは何なのか

これからは日本でも起こるリスクはある

大きな理由がふたつあります。

一つ目は、保険会社が引受けにくいリスクは、かわって国が引受けてきたからです。だから「保険危機」は起きません。たとえば、巨大地震のリスクは95%以上を国が引き受けることになっています。医療保険も日本では国が引き受けています。

そんなことはない。民間保険会社が医療保険を販売しているではないか。そう疑問を抱かれる人も多いかと思います。実は民間の医療保険の多くは、入院時の差額ベット代やその間の所得を保障する保険です。名前は医療保険でも医療費そのものを保障していません。本当の医療費用リスクは国が健康保険制度で引受けているのです(「要注意!日本の医療保険は看板に偽りあり」)。

二つ目は、保険会社の採算が悪化して保険引受けにブレーキが掛かることのないように、長年にわたり様々な規制で保険会社の経営が守られてきたからです。体力のない保険会社でも一定の利益を挙げることができるように「護送船団方式」と呼ばれる政策が、長い間続けられてきました。過度な価格(保険料)競争により弱い保険会社の採算が悪化しないように、価格統制されてきたのです。

このように、日本では保険会社が引き受けにくいリスクは国が引き受け、保険会社の採算が悪化しないような保険行政が行われてきました。つまり日本では保険会社、特に生保会社がキャパシティ不足の状態に陥ることはほとんどありませんでした。これまで日本で「保険危機」が起こることがなかったのは、こうした国の保険政策のおかげだったのです。 

日本の保険会社にはブレーキが付いていない

 保険業はリスク引受業です。良質のリスク(グッドリスク)を引受け、危ないリスク(バッドリスク)は避ける。このようにリスクを見分けることが保険ビジネスのノウハウです(「アンダーライティング」と呼ばれます)。グッドリスクならば競争相手に負けないようにアクセルをふかし全速力で引受けに走ります。一方でバッドリスクは、うっかり踏み込まないようにブレーキをかけ、これをかわします。だから、「保険危機」は保険会社がブレーキをかけ過ぎた時に起こります。

ところが、これまで日本の保険会社にはブレーキが付いていませんでした。バッドリスクの大半は国が引受けていますから、市場に残っているのはグッドリスクばかりです。つまり、日本の保険会社はバッドリスクを避けて急停車する必要がありませんでした。ただアクセルを踏み込み、ライバル会社に先んじてグッドリスクをかき集めさえすればよかったのです。アンダーライティング不在の営業第一主義が日本の保険会社の経営モデルでした。

だから、「保険危機」が起こることなどあり得ませんでした。では将来はどうでしょうか。 

次ページ日本でも「保険危機」が起こるのだろうか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT