新入社員は、生命保険に入ってはいけない

勧誘をされても絶対に断るべき理由とは?

知っておくべき「保険の3カ条」とは?(写真:xiangtao / Imasia)

いよいよ新年度が始まりました。新社会人の皆さん、おめでとうございます。

長かったようで短くもあった学生生活がついに終わりました。しかしこれで勉強が終わったわけではありません。社会人としての本当の勉強がこれから始まるのです。そのなかのひとつに「お金」の勉強があります。これから皆さんは一生を通して「お金」と上手に付き合っていかねばなりません。お金はとても変わった性格を持っています。気を付けないとお金に使われてしまうのです。しっかりと付き合い方のコツを学ばなければなりません。

「お金」の勉強のなかに「保険」があります。働き始めると、まもなく皆さんにはどこからともなく保険のはなし(勧誘)が舞い込んできます。「良い保険営業員を紹介するよ」と会社の先輩から声がかかります。研修の一環のような形で、新入社員向けの保険勉強会が保険会社の主催で開かれたりします。

「社会人になったのだから保険の一本ぐらいは入りましょう」

「若いうちに入ると保険料が安くて得ですよ」

こんな話法で巧みに保険加入を促す人たちがあなたの周囲にも現われることでしょう。

知っておくべき「保険の3カ条」

そこで皆さんに心得として知ってほしいのが次の保険3カ条です。

1.まずは国の社会保険制度を知ること
2.次にあなたの働く会社の福利厚生制度を知ること
3.そして最後に、保険の勧誘はすべて断り、しばらくは保険には入らないこと

 

少し驚かれたかもしれません。順を追って説明しましょう。

次ページなぜ、保険に入ってはいけないのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。