家族連れ訪日観光客が満員電車を避けるワケ

危険な人混みを避け、街歩きへ

通勤ラッシュ時は、カメラを取り出し撮影すること自体が無理です(写真:kasto / PIXTA)

「ラッシュアワーの満員電車で、10歳の娘は『パパ、私、押しつぶされそう』って騒ぐし、12歳の息子はカバンから手を離して『おもしろい、バッグが浮いてる!』って喜ぶし……」

家族4人で東京を訪れたオランダ人のヤンソンさん(仮名)は、「初めて日本に来たが、本当に面白いことばかり」と熱く語る。電車に乗って東京を巡ってみようとプランを立ててみたが、到着翌日、いきなり通勤ラッシュの洗礼を受けた。

大量の通勤客が整然と電車に吸い込まれる様を見た外国人は「驚異的だ」と感じるようだ(写真:すしぱく/Pakutaso)

この日、朝8時に都心のホテルを出て駅に行って、電車に乗った。そしてオランダではありえない通勤ラッシュに揉まれ、それなりに日本ならではの貴重な体験を得たようだ。

身長190センチ近くあるヤンソンさんは、通勤客がぎっしり乗っている様子を高い視線から見おろして「壮観な風景だった」とした上で、「こんな日常を過ごす日本の人々を尊敬するけれど、これでは子供たちに危険が及ぶ」と判断、できるだけ電車に乗らずに東京を楽しむのもいいんじゃないかと考えたという。

歩いてこそ分かる、東京の下町風情

この連載の過去記事はこちら

ヤンソンさんにどうして日本に来たのか、と尋ねてみた。すると「3年前に行われたオランダ代表が日本代表が戦ったサッカーの試合を見に行った時、居合わせた日本人観衆の規律正しさと礼儀の良さにとても好感を持った。だから一度は日本に行くべきだ、と心に決めた」と意外な答えが返ってきた。

「我々欧州人にとって、日本って本当に遠い国。中世にわがオランダだけが遠い日本と通商していたというのが信じられない」と、しっかり歴史の勉強も怠らないヤンソンさん。観光スポットを積極的に回るのではなく、「日本の姿を肌で味わうには、地べたを歩くべき」と方針変更に少しの迷いもなかったと語る。

次ページ歩き回ることで分かったこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT