旅行会社が「スポーツ」に熱視線を送るワケ

ヒトもカネも呼べるイベントに成長

東京マラソンの前日、調整や日本人との交流を兼ねて、日本人と外国人のランナーが交流イベントを実施。中にはアニメのコスプレをした参加者も

2月28日に開催された東京マラソンへの参加者は3万6647人。うち外国人の参加が6456人と過去最多となった。

大会の運営主体は東京マラソン財団ながら、スポンサーの1社である旅行業界大手の近畿日本ツーリストが参加ツアーの募集、制限時間を超えたランナーの回収に協力している。

旅行業界では昔から、野球やサッカーの観戦ツアーといった「見る」商品を販売してきた。が、最近ではこうしたイベントのスポンサーになり、イベントに「参加する」商品も販売している。

スポーツツーリズムが旅行会社にとって新たな柱に

特に近畿日本ツーリストはスポーツツーリズムを今後3年の中期経営計画の主柱に据えた。大阪マラソンのスポンサーにもなっている。

またライバルのJTBも2015年9月にグループのブランドを統一し「JTBスポーツ」を設立。担当役員を置き、マラソン大会やツーリングなど、参加型スポーツイベントの企画・販売を強化中だ。

この背景には国の政策転換がある。これまでは文部科学省や教育委員会がスポーツ政策を統括していたが、観光資源としてのスポーツに着目した観光庁が主体に替わって、2011年に「スポーツツーリズム推進基本方針」を取りまとめた。

2012年には推進役として、日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)が設立され、2013年9月に東京五輪の開催が決まると、一気に注目度が高まった。

次ページスポーツが地域振興の切り札に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT