熊本地震、観光地は「風評被害」と戦っている

湯布院温泉がSNSで大量の情報を発信

地震発生後も、大分県の由布市の湯布院温泉には訪日外国人が大勢訪れている(由布院駅前で、川嶋雄司さん提供)

4月中旬に起きた熊本地震の影響で、被災した地域にある観光地はどこも厳しい状況にある。

各種報道で伝えられているように、熊本や大分など広い地域に被害をもたらした一連の地震による人的・物的被害は甚大なものだが、観光地や温泉街はそれだけでなく「風評被害」にも立ち向かわなくてはならない。さらに九州では近年、インバウンド客が急速に増加しているだけに「地震発生による訪日観光客減少の歯止め」も大きな課題となっている。

観光地は悲惨な状況に

この連載の過去記事はこちら

余震は引き続き起きているが、 このゴールデンウィークに九州へ行こうと考えた人も少なからずいるだろう。人気の旅館などは大型連休ともなると半年以上前に埋まってしまうのでずいぶん早くに苦労して予約したものの、テレビのニュースなどを見て「この状況では行くことができない……」とやむなくキャンセルした人もいたのではないだろうか。

しかし、その一方で「被災してひどい状況」とも伝えられている温泉地の中には、すでに震災前とほぼ変わらぬ形で宿泊客を出迎えている旅館やホテルも現実にはたくさん存在する。このようなギャップをどう埋めて行くべきなのか。

次ページ情報発信の武器になるSNS
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT