熊本地震、観光地は「風評被害」と戦っている

湯布院温泉がSNSで大量の情報を発信

地震発生後も、大分県の由布市の湯布院温泉には訪日外国人が大勢訪れている(由布院駅前で、川嶋雄司さん提供)

4月中旬に起きた熊本地震の影響で、被災した地域にある観光地はどこも厳しい状況にある。

各種報道で伝えられているように、熊本や大分など広い地域に被害をもたらした一連の地震による人的・物的被害は甚大なものだが、観光地や温泉街はそれだけでなく「風評被害」にも立ち向かわなくてはならない。さらに九州では近年、インバウンド客が急速に増加しているだけに「地震発生による訪日観光客減少の歯止め」も大きな課題となっている。

観光地は悲惨な状況に

この連載の過去記事はこちら

余震は引き続き起きているが、 このゴールデンウィークに九州へ行こうと考えた人も少なからずいるだろう。人気の旅館などは大型連休ともなると半年以上前に埋まってしまうのでずいぶん早くに苦労して予約したものの、テレビのニュースなどを見て「この状況では行くことができない……」とやむなくキャンセルした人もいたのではないだろうか。

しかし、その一方で「被災してひどい状況」とも伝えられている温泉地の中には、すでに震災前とほぼ変わらぬ形で宿泊客を出迎えている旅館やホテルも現実にはたくさん存在する。このようなギャップをどう埋めて行くべきなのか。

次ページ情報発信の武器になるSNS
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。