熊本地震、観光地は「風評被害」と戦っている

湯布院温泉がSNSで大量の情報を発信

地震発生後も、大分県の由布市の湯布院温泉には訪日外国人が大勢訪れている(由布院駅前で、川嶋雄司さん提供)

4月中旬に起きた熊本地震の影響で、被災した地域にある観光地はどこも厳しい状況にある。

各種報道で伝えられているように、熊本や大分など広い地域に被害をもたらした一連の地震による人的・物的被害は甚大なものだが、観光地や温泉街はそれだけでなく「風評被害」にも立ち向かわなくてはならない。さらに九州では近年、インバウンド客が急速に増加しているだけに「地震発生による訪日観光客減少の歯止め」も大きな課題となっている。

観光地は悲惨な状況に

この連載の過去記事はこちら

余震は引き続き起きているが、 このゴールデンウィークに九州へ行こうと考えた人も少なからずいるだろう。人気の旅館などは大型連休ともなると半年以上前に埋まってしまうのでずいぶん早くに苦労して予約したものの、テレビのニュースなどを見て「この状況では行くことができない……」とやむなくキャンセルした人もいたのではないだろうか。

しかし、その一方で「被災してひどい状況」とも伝えられている温泉地の中には、すでに震災前とほぼ変わらぬ形で宿泊客を出迎えている旅館やホテルも現実にはたくさん存在する。このようなギャップをどう埋めて行くべきなのか。

次ページ情報発信の武器になるSNS
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT