熊本空港はいま、どこまで復旧しているのか

「空の玄関」は急速に立ち直っている

「熊本地震」は交通インフラに大きな影響を与えた。熊本空港の現在の様子はどうなっているのか

4月14日以降に九州を襲った「熊本地震」は、熊本県内の交通インフラにも大きな影響を与えた。九州新幹線は全線が運転見合わせとなったほか、高速道路も一部陥没を受けて通行止めになった。震源地に近い益城町(ましきまち)に位置する熊本空港も影響は大きかった。ターミナルビルの損傷によって4月16~18日までの3日間は全便欠航となったからだ。

熊本空港の現状はどうなっているのか

熊本空港は4月19日から運航が再開したが、現状はどうなっているのだろうか。筆者は震災から1週間が過ぎた23日(土)に羽田空港から熊本空港へ向かった。そのときの空港の様子を中心に熊本の交通網の現状をリポートする。

画像を拡大
屋根を覆うブルーシートが目立つ

4月23日(土)、羽田空港から熊本空港への始発便となるソラシドエアに搭乗した。飛行機はほぼ満席。ボランティア目的とみられる人も多かったほか、スーツ姿のビジネスパーソンも目立った。

筆者は昨年から今までに10回近く熊本空港を利用している。着陸直前に有明湾から内陸に入り、飛行機の窓からJR熊本駅や熊本城などを見渡した後、熊本空港がある益城町(ましきまち)へ近づくにつれて、屋根を覆うブルーシートがはっきりと確認できた。地震の凄まじさを着陸前に知ることになった。

次ページ空港内の状況は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。