熊本空港はいま、どこまで復旧しているのか

「空の玄関」は急速に立ち直っている

画像を拡大
到着ロビー内のトイレは使用不能だった

飛行機は定刻の朝9時過ぎに熊本空港に到着。

到着して通常どおり、ボーディングブリッジ(搭乗橋)からターミナルビル2階に入ったが、ターミナルに入った瞬間に壁が剥がれている部分が「立ち入り禁止」になっているのに気がついた。

1階の到着ロビー内はトイレも利用できないため、到着ロビーへ降りる前に済ませるように注意書きがあった。

一部は営業中だが、壁が崩れているところも

到着ロビーは通常どおりの運用だった。4月19日(火)の空港再開当日は、朝から到着便のみ再開され、到着客はターミナルに入らずに預けた手荷物も屋外で引き渡す対応だったが、19日15時からのターミナルビルの運用再開以降は通常の導線での運用になっている。

到着ロビーのある1階エリアも天井の一部分の壁が落ちる危険性もあり、立ち入り禁止になっている部分があった。ANA(ソラシドエアを含む)、JAL(天草エアライン、FDAを含む)、ジェットスターの各チェックインカウンターは通常どおりに利用できた。その後、出発ロビーのある2階へ上がってみたが、レストランがあるターミナル東側のエリアはすべて立ち入り禁止となっていた。

画像を拡大
売店は営業をしているがレストランは閉鎖中だ

お土産エリアは全体の7~8割部分は復旧し、一部入荷されない商品もあったが、お菓子をはじめ、一部の売店ではお弁当や揚げたてのさつま揚げなども販売され、レストランが閉鎖中でも食べ物や飲み物を買うことができた。

お店によって21日(木)・22日(金)と段階的に営業を再開したそうだ。4月25日現在、ターミナルビル2階にある8店舗のうち6店舗で営業をしている。

次ページ出発エリアの状況はどうなのか
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。