熊本、インフラ復旧進む中で残る「不安の種」

豪雨・暴風による土砂災害にも警戒が必要

行方不明とみられる男性を発見し、ブルーシートで覆われる捜索現場=20日午前9時半、熊本県南阿蘇村の高野台団地(撮影・佐藤桂一)

熊本県は20日、熊本地震の死者について同県警が検視して確認した47人以外に、「エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓(そくせん)症)」とみられる震災関連死などが11人に上ると発表した。

大規模な土砂崩れが起きた同県南阿蘇村の捜索現場では同日午前、捜索隊が新たに1人を発見した。

同県によると新たに発表した死者11人は、熊本市7人、阿蘇市1人、御船町1人、益城町2人。死因はエコノミークラス症候群のほか、避難所での急性心不全、建物の下敷きになっての圧死などとしている。

停電解消には見通し、一部地域でガス復旧

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

同日午前、南阿蘇村河陽の高野台地区で発見した1人について、同県警などは安否や性別などの確認を急いでいる。一方、同県は、19日に南阿蘇村長野の「ログ山荘・火の鳥」で見つかった女性について、香川県東かがわ市の鳥居洋子さん(37)と身元が判明したと発表した。

気象庁によると、14日以降、20日午後1時までに観測した震度1以上の揺れは692回となった。

熊本地震の影響で14日以降、全線不通となっていた九州新幹線が20日朝、新水俣(熊本県水俣市)ー 鹿児島中央(鹿児島市)で6日ぶりに運転を再開した。約9万5千人が厳しい避難生活を送る中、熊本県内で停電の解消に見通しが付き、一部地域でガスが復旧するなど、生活再建への動きも進んでいる。

次ページ4月中の全線再開は困難か
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT