熊本、インフラ復旧進む中で残る「不安の種」

豪雨・暴風による土砂災害にも警戒が必要

一部区間で運転を再開し、熊本県水俣市を走行する九州新幹線=20日午前8時59分

この日、新水俣−鹿児島中央で運転を再開した九州新幹線は、通常より少ない1〜2時間に1本程度の臨時ダイヤで運行。JR九州によると、高架橋の柱などの損傷箇所は約150カ所に拡大。同社は大型連休前の全線再開を目指すとしていたが、4月中の再開は困難との見方も強まっている。

九州電力は20日未明、熊本県高森町での停電復旧作業を完了。残る約3700戸が停電している阿蘇市と南阿蘇村でも同日中の解消を目指す。西部ガスは、安全が確認された熊本市内の一部で、16日以来となるガスの供給を再開。水道はなお同県内約10万世帯で断水している。

熊本空港では20日、航空各社が東京、大阪などの発着便を増便する。19日に一部区間で運行を再開した熊本市電は20日、始発から全線で運行を再開した。

九州自動車道などで通行止めが続く高速道は、一部区間で緊急車両の通行が可能となった。経済産業省によると、熊本県内のコンビニエンスストアの96%が営業を再開、ガソリンスタンドも9割超が営業を始めているという。

21日は雷雨や暴風になる恐れ

熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、気象庁は20日、「震度5強、5弱の地震が19日にあり、活発な活動が収まる気配は見えない」との見解を示し、引き続き警戒を呼び掛けた。21日には大雨の恐れがあり、土砂災害や河川の増水にも注意が必要とした。

19日夕から夜には、熊本県八代市で震度5強、5弱が連続した。震源はほぼ同じ場所で、地震活動が活発な地域の南端付近だった。

地震回数は増加傾向にある。マグニチュード(M)3・5以上は、1995年以降に内陸や沿岸部で起きた同規模の地震の余震回数(M3・5以上)と比べ、2004年の新潟県中越地震の同時期を上回り過去最多ペースで推移している。

21日は、前線を伴った低気圧が西日本を東に進む影響で、雷雨や暴風になる恐れがある。

qBiz 西日本新聞経済電子版の関連記事
8銭湯が被災者に無料開放「心も体も健康に」古き良き風呂文化
九州新幹線、全線再開は見通せず JR側、硬い表情崩さず
心を癒やす「最高のシメ」は? 日本三大歓楽街の「中洲」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング