30代以上がハマる「男性用ニベア」の裏側

市場トップは意外にも資生堂ではなかった

なぜ男性向けに今「ニベア」が売れているのか?

近頃、若い男性の中には化粧品を持ち歩く「化粧ポーチ男子」がいるそうだが、実は、美容に関心を寄せるのは若年層だけではない。なんと今、「スキンケアおじさん」も急増中らしいのである。

男性用フェイスケア市場は、ニベア花王によると、2004年の約77億円から、2015年には100億円規模へと拡大しているという。そんな中、順調に売り上げを伸ばしてきたのが、同社が2002年に発売した「ニベアフォーメン」だ。

30代~50代のビジネスマンをターゲットにしたスキンケアブランドで、2013年~2015年現在、遂にシェアトップへと躍り出た(インテージSRI 男性用フェイスケア市場 2013年1月~2015年12月 ニベアフォーメンブランド(金額シェア)。2015年9月には「ニベアメン」へとブランドをリニューアルしてさらに勢いづき、12月半ばには金額シェアが約3割までアップしたという。

筆者は、「アウスレーゼ」や「資生堂メン」といった人気の男性用化粧品を販売する老舗の資生堂がシェアトップだろうと思っていたので、これは意外な事実だった。今、中高年男性は、なぜこのニベアメンにハマっているのだろうか。

「電気シェーバーの進化」と「職場の目」

購入層は、40代を中心に30代~50代の男性が多い。中高年男性がスキンケアを始めるようになった背景には、「髭剃り事情の変化が関係しています」と、同社マーケティング部の松倉申之介さんは説明する。

男性用化粧品といえば、1970年代頃まではヘアリキッドやアフターシェーブが主流だったが、次第に洗顔、パック、シートなどが登場し、2000年頃からはスキンケア商品も増えていった。実はこの間、電気シェーバーの性能が徐々にアップ。そのため、髭剃りによる出血や炎症から解放される男性が増加したそうなのだ。

傷だらけではスキンケアどころではないが、肌の負担がグンと減ったことで、美肌へのニーズが拡大したのではないかとみられている。

次ページ何をどう選んでいいかわからない男性に訴求?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。