自意識過剰が日本人のプレゼンをダメにする

話の「幹」を見失わないようにしよう

2つ目の幹は、「訴えたい、たった一つのメッセージを見極め、相手が受け入れやすい言葉にすること」だ。

驚くことに、日本人のプレゼンの90%ぐらいは、「メッセージ」不在だ。「このプレゼンで訴えたいメッセージは何ですか」と聞くと、口ごもるか、「さて、なんだっけ」、もしくは「うちの企画を通して」とか「とにかく稼げ」など、相手に刺さるメッセージもなく、自分の言いたいことを一方的にだらだらと話して終わる、というパターンが圧倒的だ。

まず、「何を伝えたいのか」を見極めること。そして、相手の気持ちになってそれを聴衆に受け止めてもらえるメッセージに変換する。先ほど挙げた「殻」を破るということは、何も恥知らずに自分の好きなことを言え、ということではない。Put your feet in other’s shoes. つまり、相手の立場になって考えてみることがプレゼンの大前提だ。

ドラマの主人公のセリフをマネしてみよう

佃航平のセリフを真似てみよう(写真:梅谷秀司)

3つ目の幹は「プレゼンに魂をこめる」。

「下町ロケット」の佃航平だって、半沢直樹だって、「あさが来た」のあさも、いざという場面では恐ろしいほど念力のこもったコミュニケーションで相手を動かしていく。念力にもいろいろあるが、最もベーシックなものは「情熱」や「思い」だ。

冷め切った、思いのこもらない口調で、彼らが話していたら、そこまで心揺さぶられることもないだろう。「あれはドラマだから」「普通の人がやったらクサイ」なんて思ってはいけない。演技であれば、確かに鼻白んでしまうかもしれない。しかし、自分の心の底から湧き上がってくる思いを、情熱をこめて伝えることは、表面的な「演技」とは、まったく異なるものだ。ロジックではなく、思いや情熱こそが相手に伝播する。だから、プレゼン前には、どういう「思い」を伝えたいのかを、「メッセージ」とともに、じっくり考え、見極めておきたい。

3つの幹は、結局のところ、何回も試行錯誤して体得していくスキルであり、具体的にどうすればいいのか、わかりにくいかもしれない。一つ、オススメは、例えばドラマの主人公になったつもりで、セリフを練習すること。例えば、佃航平のこんなセリフはどうだろう。「どんな難問にも必ず答えがある。みんなの力をどうか貸してほしい」。間の取り方や語気、抑揚、など色々試してみるだけで、ちょっと度胸がついてくる。

日本人の「分厚い殻」を破るには、アクティングの手法は高い効果を発揮する。そう考えて、この手法を何とかメソッド化できないか、知り合いのアメリカ人俳優の力を借りて、筆者も知恵を絞っているところでもある。来年はそんなノウハウも少しずつ、ご紹介できれば、と考えている。

最後に皆さま、今年一年、ご愛読ありがとうございました。「S系」との定評(?)に恥じぬよう、自身も「コミュ力の修業」に精進し、さらなる「鍛え方」をビシビシ、お伝えしたいと思っています。来年もよろしくお願いいたします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。