地元で結婚したい人が取るべき「2つの行動」

最高に「しっくりくる」人は近くにいる!

ただし、留意点が2つある。ひとつは、よき客になることだ。同じ常連客であっても「いろいろしてあげたくなる人」と「客だから応対はするけれど、個人的には付き合いたくない人」に店側の気持ちも分かれるのが普通だろう。店主に疎まれるような人がその店で良縁に恵まれる可能性は低い。加奈子さんは内輪の忘年会に呼ばれるほどの「上客」であったため、啓一さんとの関係を温めることができたのだ。

もうひとつの留意点は、できればオープンしたてのお店に通うことだ。老舗の人気店で今さら馴染みの客になるのは難しいが、同世代が新たに開いたお店などでは店主や他の客と親密な人間関係を築きやすいと思う。

結婚して「日々成長している」と感じる

好奇心と成長意欲が旺盛で、結婚するまでは仕事と趣味に注力してきた加奈子さん。出産を機に会社を辞めて専業主婦をしている現在も「日々成長している」という実感があると言い添えた。

「結婚した後もしばらくは独身時代の感覚を引きずっていました。好きなものをどんどん買っちゃったり……。でも、啓一さんにお金の使い方も教えてもらっています。将来のために貯金をしていかなければいけないんですね。徐々に『結婚生活ってこういうものなんだ』とわかって来た気がします。子育てはさらに勉強の日々です。私は運動神経がすごく悪いのですが、息子は遊具が好きで高いところまで登って行ってしまいます。私の弱いところをわざわざ突かれている気がしますよ(笑)」

赤の他人と出会って、誰よりも親しく大事にし合う関係を結び、生活の大半を共有するのが結婚だ。理想像を追い求めたい一方で、これ以上ないほどリアルな判断と行動が求められる。

知的で活動的だがどこかフワッとしたところがある加奈子さんのような人は、結婚とは遠い場所で飛び回っていることが多い。喫茶スロースのおかげで運良く啓一さんと巡り合うことができた加奈子さん。彼女の現実生活は結婚後にスタートしたのかもしれない。

(取材協力:喫茶スロース)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。