きつい離婚の後に待っていた「最高の晩婚」

10年間、姑と同居したあげくに夫が浮気… 

つらい離婚の後に待っていたのは……。(イラスト:堀江篤史)

品川駅から電車で10分。川崎市の武蔵小杉駅に久しぶりに降りた。5年ほど前までは高層マンションばかりの殺風景な駅前だった記憶があるが、商業施設や街路樹も整備され、人工的ながらも利便性の高そうな町に変貌している。

今回はこの川崎市内に住む共働き夫婦に、駅近くのカフェで会うことになっている。妻の小野ゆかりさん(仮名、41歳)は10年間もの結婚生活を経て離婚し、2年前に現在の夫である雅彦さん(仮名、46歳)と再婚したという。実に興味深い「晩婚さん」だ。

いろいろ過激だった、前の結婚生活と離婚

最初は緊張気味で表情がこわばっていたゆかりさんは、ジーンズ地のシャツというカジュアルな服装がよく似合う気さくな雰囲気の女性である。少しずつ話を進めていくと人懐っこい笑顔が見え始めた。傍らの雅彦さんはいわゆる強面。ボーダー柄の長袖Tシャツというかわいい服装でなかったら、こちらが緊張してしまうかもしれない。

雅彦さんの前ではあまり話したくないかもしれないが、ゆかりさんの初婚の話から聞いておきたい。5歳年上だったという前夫とはどこで知り合ったのだろうか。

「物流関連の会社で派遣社員として働いていたときに知り合いました。私が25歳のときだったかな。結婚したら東北の地元に帰る、と言われたので『日本国内ならどこに住んでも一緒かな』と思ってついて行きました。実際は、(首都圏での生活とは)全然違いましたね。電車が通っていないし、最初は友だちもいません。自分の地元が恋しいといつも思っていました」

ゆかりさんは保育士の資格があり、東北地方でも保育園の働き口を見つけ、そこで仲間もできた。ただし、子どもがいないのに義母と3人暮らしは心地良いものではなかったようだ。

「(義母は)きさくでいい人かな、と初めは思ったのですが、すごくケチなことがわかったんです。トイレの下水料金を節約するために、庭で用を足すような人でした……」

次ページ夫が浮気!そして離婚へ・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT