地元で結婚したい人が取るべき「2つの行動」

最高に「しっくりくる」人は近くにいる!

慣れ親しんだ地元で結婚したい人は、どうすればいいでしょうか?(イラスト:堀江篤史)

愛知県豊橋市の駅ビルに直結するホテル。その中にある中華料理店で、専業主婦の大西加奈子さん(仮名、40歳)夫婦と会っている。

ボーダー柄の長袖Tシャツというカジュアルな服装だが、朝ドラ女優の波瑠に少し似ている正統派美人である。会社員時代には支店が属する商店街のミス〇〇に選ばれたらしい。その隣には、細身に薄いドット柄の白シャツをまとい、黒縁眼鏡をかけた夫の啓一さん(仮名、37歳)が座っている。オシャレな理系男子といった風貌であり、加奈子さんとはお似合いの夫婦だ。

2人からのプロポーズを断った20代の「余裕」

この連載の過去記事はこちら

2人が結婚したのは3年前。当時34歳だった啓一さんは、厳密には本連載の定義する晩婚さん(35歳以上で結婚)には該当しない。オブザーバーとして参加してもらおう。

結婚するまでは愛知県内で有数の「堅さ」で知られる大企業に勤務していた加奈子さん。晩婚の理由を聞くと、啓一さんのほうを見ながら「夫婦でもあまりこういう話はしたことがないけれど、いいよね?」と断りを入れて一気に話し始めた。

「20代の頃もお付き合いしている人はいて、2人ぐらいにはプロポーズらしきことをしてもらいましたが、私は結婚する気が全然ありませんでした。バンド活動もやっていたし、アロマセラピストの資格も取りたかった。まずは自分のことがしたい、結婚して自由がなくなる前に何かを身に付けておきたい、という意識がすごく強かったですね。

次ページ出会いは近所の喫茶店!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。