尿を使うとサッカー場の芝生がすくすく育つ

尿に含まれた豊富な栄養素に着目

こちらをクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

環境工学者たちが、栄養分の高い尿を利用して地球にやさしい肥料にするべく新しい技術を開発している。

フロリダ大学のサッカースタジアム「スワンプ」。同大学のゲイターズがホームゲームをするときには、最大9万人のファンを収容できる。

もし、同大環境工学部のトリバー・ボイヤー准教授が好きなことをできるとしたら、このスタジアムに集まった全員を環境維持のための大規模な実験に「利用」するだろう。

スタジアムを利用する人の尿を集めれば…

ここで2つの事実を紹介しよう。一つは、尿は栄養素が高くて、窒素・リン・カリウムの濃度が高いということ。もう一つは、9万人も集まれば大量の尿が排出されるということだ。「サッカーのホームゲームが7回もあれば、このスタジアムの芝を青々と育てるのに必要な窒素を十分に集めることができる」と、ボイヤー准教授は話す。

同氏のアイデアは、尿を排水して窒素を「無駄」にする代わりに、スタジアムの大きなタンクに尿を集めてサッカー場の芝生の肥料として使うことだ。

「まずは貯蔵タンクに尿を溜めてから数週間程度放置すると、その間、尿は科学的に変化し、尿素から窒素が放出される。これがさらににアンモニアへと変化する」(ボイヤー准教授)。

次ページ乗り越えなければならない「ハードル」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT