尿を使うとサッカー場の芝生がすくすく育つ

尿に含まれた豊富な栄養素に着目

こちらをクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

環境工学者たちが、栄養分の高い尿を利用して地球にやさしい肥料にするべく新しい技術を開発している。

フロリダ大学のサッカースタジアム「スワンプ」。同大学のゲイターズがホームゲームをするときには、最大9万人のファンを収容できる。

もし、同大環境工学部のトリバー・ボイヤー准教授が好きなことをできるとしたら、このスタジアムに集まった全員を環境維持のための大規模な実験に「利用」するだろう。

スタジアムを利用する人の尿を集めれば…

ここで2つの事実を紹介しよう。一つは、尿は栄養素が高くて、窒素・リン・カリウムの濃度が高いということ。もう一つは、9万人も集まれば大量の尿が排出されるということだ。「サッカーのホームゲームが7回もあれば、このスタジアムの芝を青々と育てるのに必要な窒素を十分に集めることができる」と、ボイヤー准教授は話す。

同氏のアイデアは、尿を排水して窒素を「無駄」にする代わりに、スタジアムの大きなタンクに尿を集めてサッカー場の芝生の肥料として使うことだ。

「まずは貯蔵タンクに尿を溜めてから数週間程度放置すると、その間、尿は科学的に変化し、尿素から窒素が放出される。これがさらににアンモニアへと変化する」(ボイヤー准教授)。

次ページ乗り越えなければならない「ハードル」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT