尿を使うとサッカー場の芝生がすくすく育つ 尿に含まれた豊富な栄養素に着目

拡大
縮小
こちらをクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

環境工学者たちが、栄養分の高い尿を利用して地球にやさしい肥料にするべく新しい技術を開発している。

フロリダ大学のサッカースタジアム「スワンプ」。同大学のゲイターズがホームゲームをするときには、最大9万人のファンを収容できる。

もし、同大環境工学部のトリバー・ボイヤー准教授が好きなことをできるとしたら、このスタジアムに集まった全員を環境維持のための大規模な実験に「利用」するだろう。

スタジアムを利用する人の尿を集めれば…

ここで2つの事実を紹介しよう。一つは、尿は栄養素が高くて、窒素・リン・カリウムの濃度が高いということ。もう一つは、9万人も集まれば大量の尿が排出されるということだ。「サッカーのホームゲームが7回もあれば、このスタジアムの芝を青々と育てるのに必要な窒素を十分に集めることができる」と、ボイヤー准教授は話す。

同氏のアイデアは、尿を排水して窒素を「無駄」にする代わりに、スタジアムの大きなタンクに尿を集めてサッカー場の芝生の肥料として使うことだ。

「まずは貯蔵タンクに尿を溜めてから数週間程度放置すると、その間、尿は科学的に変化し、尿素から窒素が放出される。これがさらににアンモニアへと変化する」(ボイヤー准教授)。

次ページ乗り越えなければならない「ハードル」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT