アマゾンが火をつける、超高速EC配達バトル

王者アマゾンは1時間、楽天は20分!

楽天の仕組みは独特だ。倉庫と配送を一体化させるアイデアを盛り込んだ。

配送車両はあらかじめ商品を積み、街中を巡っている。注文を受けると、そのまま客先に向かう。在庫がなければ物流拠点で商品をピックアップして配送する。車内に在庫を備えることで、配送に出る回数を減らして、コスト削減につなげている。

12月からは自転車で出来たての料理を届けるフードデリバリーも開始した。今後は取り扱う商品数の拡充を優先しつつ、配送エリアの拡大についても検討する方針だ。

コスト増は想定どおり?

アマゾンはプライム・ナウについて「全国で展開したい。早ければ早いほどよい」(日本法人のジャスパー・チャン社長)と積極的な姿勢を見せる。

一方で、送料無料の2時間便を含めた全体の投資規模や収益性については、明らかにしていない。チャン社長は1時間便の料金について「適当な金額」と語るが、1回の注文で1台のバイクを走らせるといったスピード重視の配送は、人件費を考えても相当にコストがかさむはずだ。

実際、14年に「ゾゾタウン」の即日配送を無料化したスタートトゥデイでは、注文の増加とともに運送コストが上昇。今年11月から無料の即日配送を有料会員限定のサービスに切り替えている。

ただ、アマゾンは現在、有料会員の新規獲得と既存会員の囲い込みに全力を注ぐ。プライム・ナウがコスト増につながるとしても、会員サービスの拡充によって安定的な収益を確保する、中長期の戦略とも考えられる。そうだとすれば、全国展開を一気に進める可能性がありそうだ。

アマゾンの新サービスが広がれば、消費者の即時配送ニーズはさらに高まっていくだろう。アスクルやヨドバシカメラといったライバル事業者も、より本腰を入れて、スピード競争に乗り出すことになるのは必至だ。

「週刊東洋経済」2015年12月19日号<14日発売>「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。