イーベイCEO「日本市場の伸びしろは大きい」

米EC大手は、日本をどう攻略するのか

ウェニグCEOは日本市場の成長余地について、熱く語った。(撮影:今井康一)
米EC(電子商取引)大手イーベイは、売上規模で最大の事業だった電子決済サービスのペイパルを7月に分社。ペイパル分離後、初となるイーベイの2015年度第3四半期決算(7~9月)は、売上高が前年同期比2%減の20億9900万ドル(約2581億円)、営業利益が同3%減の5億7800万ドル(約710億円)。一方、EC分野でライバルの米アマゾンは同期間の第3四半期売上高が同23%増の253億5800万ドル(約3兆1190億円)と事業規模を大きく伸ばしている。
ペイパルを手放したイーベイは今後、成長を加速できるのか。7月に就任したデヴィン・ウェニグCEO(最高経営責任者)を直撃した。

日本市場は大きく伸びている

――足元の業績を見ると流通総額は1ケタ台の成長で、伸び悩んでいる印象を受ける。

イーベイは来年で20周年を迎えるが、トップとしての私の役割は、次の20年に向けてさらに発展させていくことだ。直近の業績についても順調だと考えているが、四半期ごとの業績に一喜一憂せずに、長期的な視点で経営に取り組むことが大事だ。

事業領域の絞り込みも進めており、6月に米広告サイトのクレイグスリストの保有株を売却したほか、企業向けの自社EC支援事業の売却も予定している。経営資源をマーケットプレイス型のEC事業に集中させることによって、競争力を高められるはずだ。

――業績を伸ばすための具体的な施策は?

イーベイが最優先で改善すべき課題は、サイト内で関連商品の情報を統合的に管理する「カタログ化」ができていないことだ。販売事業者が別々でも、同じ商品を扱う場合には価格比較などをできるようにする。

欲しい商品が見つかりやすくなるため、消費者と販売事業者の双方に大きなメリットがあるはずだ。現在は約30%までカタログ化を進めており、来年の6月までに60%に高める予定だ。大きな投資が必要になるが、それだけ重要な経営課題だととらえている。

次ページ日本市場でどうアピールするのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT