今後の世界経済は「産油国」に用心が必要だ

石油価格の再浮上は当分先のことになる

マーティン・ウルフの記事は、ほかにも「米国の石油輸入は減って、今後は中国とインドが重要な輸入国になる」「2020年の石油価格は80ドル説と50ドル説がある」「あんまり安値が続くと産油国は耐えられないし、地球温暖化問題にも影響が出るだろう」などと面白いことを書いている。日本経済新聞さんは、こういういい記事こそちゃんと紹介してほしいよね。

メジャーエンブレムがより信頼に足る理由

毎度おなじみ、ここから先は競馬ファン限定のコーナーとなる。

先週のチャレンジカップはあっと驚くサンビスタ。今年のジャパンカップは芝もダートも牝馬が制した。日本の企業社会よりも一足お先に、JRAは「女性活躍社会」になっているらしい。今週末は、2歳牝馬戦線のクライマックス「阪神ジュベナイルフィリーズ」が控えている。未来のウオツカやブエナビスタ、アパパネを探し出したいところだ。このレース、意外と単純な方法で絞り込むことができる。

① 秋以降の実績重視

②1600m以上での実績重視

③末脚重視

④坂のあるコースでの実績重視

この4条件で探すと、メジャーエンブレムとデンコーアンジュの二択問題ということになる。1600mをまだ走っていないキャンディバローズやブランボヌールは、危険な人気馬と認定して敬し遠ざけることにする。

両者が対決したアルテミスステークスでは、デンコーアンジュに軍配が挙がっている。ただし戦績を比べると、坂がある中山競馬場で勝っているメジャーエンブレムの方がより信頼に足ると見る。強いてもう一頭挙げるならばクードラパンか。

栴檀(せんだん)は双葉より芳しという。千六を制する2歳牝馬に注目しよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT