共和党候補者選び、「トランプ旋風」の意味

習近平へのおもてなしはビッグマックで!?

共和党の大統領候補者選びで「ぶっ飛んでいる」トランプ氏。放言を繰り返しつつも致命傷になっていないのはなぜか(AP/アフロ)

「中国バッシング」はお約束だが・・

「オバマ大統領は、中国の習近平国家主席の公式訪問をキャンセルすべきだ」(スコット・ウォーカー/ウィスコンシン州知事)

「国賓待遇ではなく、公式晩餐会なしの格下げ待遇で迎えるべきだ」(マルコ・ルビオ/フロリダ州選出上院議員)

「私が大統領なら、習近平氏にマクドナルドのビッグマックを提供し、すぐに実務会談を始める」(ドナルド・トランプ/不動産王)

いや、別に話を面白くしようとして「作って」いるわけではない。米共和党の候補者選びが混戦となって、上のような発言が本当に飛び交っているのである。

アメリカで大統領選挙の季節が始まると、候補者の口から対中批判が飛び出すようになるのは一種の「お約束」。しかも今の米中2国間にはサイバー攻撃、南シナ海の埋め立て、人民元の切り下げ、そして人権弾圧から知的財産権侵害までの諸問題があり、いつもにもましてビミョーである。これでは今月下旬に国賓待遇で訪米し、9月25日には米中首脳会談に臨む習近平国家主席も、内心はハラハラしていることだろう。

アメリカ大統領選挙の投票日は2016年11月8日。まだ14カ月も先の話である。とはいうものの、オバマ大統領の後継者を決める重要な選挙。全米をくまなく駆け回る消耗戦であるから、選挙資金は万全でなければいけないし、州ごとに組織も作っておかなければならない。もちろん、政策も練って幾多の論争を勝ち抜かねばならない。むしろ「あと14カ月を残すのみ」と見るべきなのかもしれない。

次ページ民主党もヒラリー人気に陰り
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT