共和党候補者選び、「トランプ旋風」の意味

習近平へのおもてなしはビッグマックで!?

景気指標から言えば、「米国経済は好調だ」ということになっている。エコノミストとしてはそう言わざるを得ない。しかるに、普通のアメリカ国民が好況に満足しているかといえば、けっしてそんなことはない。企業業績が好調であっても、失業率が5.1%まで下がっていても、景気信頼度は低く、ワシントン政治に対する信認は地に堕ちている。

「美辞麗句だけのオバマ時代」への反動か

だからこそ、「この国は日に日に偉大でなくなりつつある」「中国の指導者は、われわれの指導者よりも賢い」といったトランプ氏の呼びかけが腹に落ちて響くのであろう。

もうひとつ、「政治家の言葉」に対する信頼が極端に低下していることも浮かび上がってきた。普通の政治家が問題発言をすれば、非難を受けて支持率は下落する。しかし暴言が売りのテレビ司会者が口にすれば、いくらマスコミが叩いてもほとんど効果がない。むしろ「ホンネで語ってくれる正直な人」という好印象になる。

ことによると米国政治には、オバマ大統領という見た目がカッコよく、言葉が巧みで、けっして失言しない大統領の時代が6年半も続いたことへの反動が生じているのかもしれない。プロ政治家の美辞麗句に信用がおけなくなり、有名人のぶっちゃけトークに人気が出ているようなのである。

最後に共和党の候補者選びをまたまた競馬にたとえてみよう。トランプ氏はツボにはまればぶっちぎりだが、走るか走らないかは当日にならないと分からない曲者、ゴールドシップ。

エスタブリッシュメント系の候補者では、ジェブ・ブッシュ候補は現役最強馬と言われつつ、最近はご無沙汰気味のキズナ。若さが魅力のマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)はダービー馬のドゥラメンテ。リベラル州で実績を上げているスコット・ウォーカー知事(ウィスコンシン州)は、エピファネイアといったところか。穴馬としては、ジョン・ケイシック知事(オハイオ州)を挙げておこう。演歌が似合いそうなお人柄なので、キタサンブラックということでどうか。

さあ、女傑ジェンティルドンナ(民主党・ヒラリー上院議員)への挑戦権を得るのはどの馬か。当面の見どころは、暴走気味のゴールドシップがどこで息切れするか。そのチャンスを活かすのはどの馬か。混戦の面白いレースが期待できそうだ。

次ページ朝日杯セントライト記念は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。