安倍首相と黒田日銀総裁の「深刻な距離感」

「アベノミクス3年目」で高まるリスク

安倍首相(右)と黒田総裁(左端)の距離はかなり遠くなりつつある(写真:共同通信)

新年度が始まった。アベノミクスもいよいよ3年目に入る。思えば黒田東彦日銀総裁が「異次元の金融緩和」に踏み切ったのは、2年前の4月4日だった。「白(川)から黒(田)」への大胆なレジームチェンジに、市場関係者は一様に衝撃を受けたものだ。とりかえずこの2年間の推移をまとめると、以下の3点に集約できるだろう。

いったい黒田日銀をどう評価すればいいのか?

1)とりあえず円安と株高と低金利を実現し、それらを持続させることに成功している。「日本国債暴落!」みたいなことにはなっていない。少なくとも今のところは。

2)実体経済の改善には時間がかかっている。ひとつは消費増税の影響が予想以上に大きかったからだが、それでもデフレ脱却には近づいてきた。

3)ただし石油価格の大幅下落のために、物価安定目標に掲げた「2年で2%」は無理っぽくなっている。どこかで旗を降ろさなければならないが、そのタイミングが難しい。

黒田日銀をどう評価するかは、論者によって意見が分かれている。当欄のお仲間で言うと、やまげん(山崎元)さんは「もっと徹底すればいい」という立場で、「日銀はこの際、財政ファイナンスだと認めちゃえば」(3月20日のコラム「日銀『財政ファイナンス宣言』のススメと言っている。ぐっちーさんは否定的で、円安誘導じゃ日本経済は良くならない(3月6日のコラム「安倍首相の政策では、日本は復活しない」と主張している。

不肖かんべえとしては、異次元緩和は今までのところ首尾は上々だったが、そろそろ気を付けなければいけないのかなと思っている。3年目の今年はおそらく難所となるだろう。さて、どこに注意すべきなのか。

次ページ黒田総裁の「最大のリスク」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。