どうなる日本株!天井をつけてしまったのか

株価はもうこれ以上は上がらない?

NYダウが1万8000ドルに到達したのは昨年の12月23日。不調と言われるNYダウだが、このまま下落してしまうのか?ということは、結局は日本株も終わりなのだろうか(UPI/アフロ)

どうしたアメリカ株、これで終わりか?

先週末、27日金曜日のNY株の値動きをどう見ればいいのだろうか。ダウは34.43ドル高の1万7712.66ドル、ナスダックは27.86ポイント高の4891.22ポイントで引けた。

確かに1~3月期の決算シーズンと週末の3月雇用統計を控え、様子見姿勢の中、若干の買い戻しは見られた。だが、直前の4営業日連続下落など、最近のNY株には弱さを感じる投資家は多いだろう。リーマンショック後からの上昇相場は7年目に入り、すでに相場は終わっているのか?

相場サイクル論から言うと、QE(量的緩和)に支えられている日欧の金融相場に対して、利上げに踏み切るタイミングを見ている米国は、金融相場から業績相場に移行する端境期(中間反落期)に位置する。サイクル論に従って、順調に業績相場に移行できるか、失速してまた金融相場に逆戻り(この場合は最悪)するか、投資家は見極めが必要な時だ。

筆者は、FRBの利上げ時期を「6月でも9月でも、さらに12月でもない」と言ったら相手にされなかったことをこのコラムでも書いたが、最近は若干目を向けてくれるようになった。

業績相場(金利上昇・業績も上昇)に移れなければ、失速かと書いたが、もう一つ考えられる事象がある。今の中間反落相場の長期化だ。中間反落相場の特徴は、「金利横ばい、業績横ばい、株価横ばい」だ。ダウが弱いと言っても史上最高値1万8288ドルから見て1万7712ドルは、わずか3.15%の下げに過ぎなく、「株価横ばい」の範囲だ。

次ページ日本株こそ終わっていない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。