中国はアベノミクス相場の致命傷になるのか

日経平均が高値を更新する可能性は消えた?

抗日戦争勝利70周年で。筆者によれば中国経済は「GAME OVER」の状態だ(写真:AP/アフロ)

東芝だけでなく、日本のあちこちがたるんでいる

9月になった。東京在住の筆者の近隣では(区によって休み明けの日が異なるが)夏休みが明けて、小学生が学校に通い始めた。読者の中には、お子様の宿題の手伝いをされた方もいらっしゃるのではないか。

ところが、8月31日に宿題を提出する予定だった問題児の東芝君は、宿題の提出を延期してくれと言い出した。しかも、本来なら夏休み前に提出すべき宿題の提出期限再延長だ。「できていないものは、できていないのだから、仕方がないよ」と開き直っているようだが、この調子では、厳重注意(特設注意市場銘柄に指定)で済むところが、下手をすると退学処分(上場廃止)になりかねない。

名家の子供だから手ぬるいのか、学校や教育委員会(東証、金融庁)の対応に疑問な点もあるが、いささか「たるんでいる」。

東京オリンピックを巡る新国立競技場やエンブレムの問題なども、信じられないたるみ具合であり、真面目に仕事をされている多くの人には申し訳ないが、日本のあちらこちらが弛緩し、油断しているような印象を受ける。

次ページ投資家も油断していた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT