中国はアベノミクス相場の致命傷になるのか

日経平均が高値を更新する可能性は消えた?

今週は新潟記念(6日、新潟競馬場11R)を考えてみたい。2000mのハンデ戦でGⅢだ。左回り、平坦、長い直線と、独特のコース設定のレースなので、馬の力に加えて、向き不向きが問われ、さらにハンデが絡む。

新潟記念はマジェスティハーツを軸に

安定感があるのは、マジェスティハーツで連軸にはこの馬を採りたい。前2走の連続2着に見る通り、勝ちきれないタイプだが、安定感がある。また騎手が若いこと(森一馬騎手、22歳)に不安はあるが、森騎手には自厩舎の馬で初重賞を勝つべく発憤してもらいたい。

一方、オッズによっては単勝を買いたい対抗馬がアヴニールマルシェだ。こちらは、騎手ではなく馬が若い(3歳)が、新潟2歳ステークス2着(上がり3ハロンが出走馬中最速の33.0秒でハナ差)など、左回りではいいレースをしている。53キロは恵まれたと思う。また、ミュゼスルタンも当然争覇圏内だ。

相手として押さえておきたいのは、56キロは有利なGⅠ馬アルフレード、連勝中のメドウラーク、ディープインパクト産駒でM・デムーロが乗るパッションダンスまで。

ハンデ戦でもありオッズを見ないと馬券の買い方は決めにくいが、差は微妙なので、馬単の裏側(◎本命→○対抗ではなく、○対抗→◎本命の側)に少し気を入れて買ってみたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT