共和党候補者選び、「トランプ旋風」の意味

習近平へのおもてなしはビッグマックで!?

さて、21日(月)は「朝日杯セントライト記念」(G2)。菊花賞トライアルで、中山の芝2200メートルで争われる。とはいえ、近年は菊花賞を目指す馬は神戸新聞杯(阪神の芝2400メートル)に回り、セントライト記念の勝利馬は2012年のフェノーメノ、2014年のイスラボニータなど、そのまま秋の天皇賞に向かうケースが目立つ。いずれにせよ、まだ格付けが済んでいない3歳馬にとっては、注目の一戦ということになる。

ダービー2着馬のサトノラーゼンから素直に入る

中でも注目は、ダービー2着のサトノラーゼンであろう。ここまですでに10戦し、すべて3位以内という抜群の安定感。岩田騎手とのコンビも良く、素直にこの本命馬から入りたい。

なぜ神戸新聞杯ではなくセントライト記念に回ったかといえば、すでに札幌、中京、京都、東京、阪神のコースを経験済みのこの馬に、今のうちに中山も走らせておこうという馬主の深謀遠慮があるのではないか。菊花賞を勝って、あわよくば有馬記念まで、なんてことを考えているのかもしれない。

サトノラーゼンに絡むとしたら、夏場に急成長を遂げた馬であろう。中山得意のロジダーリング、2連勝中のロッカフェスタとジュンツバサの3頭を挙げておこう。

今週末からはシルバーウィークへ。日曜日の20日がローズステークス(G2)で、セントライト記念は翌週月曜日の21日となる。皆さま、くれぐれもお間違えなきように。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。