哲学塾が、より「時代錯誤な場」を目指す理由

哲学塾での「語学習得」は、なぜ効率的なのか

哲学塾で学ぶ語学は、ほかと少し違うようです(写真:Masson / PIXTA)

本連載は今回でちょうど1年になります。すでに「哲学塾」に入り、受講している人も読んでくれていますが、そうでない人もいるはず。今回は、そういう人々に――たいへん遅まきながら――、この塾の外形(組織)についてお話しします。

哲学塾のホームページを見てくれればわかるように、本塾では、現在20科目を超える講義を開催しており、そのうち約半分を私が担当し、残りの半分を10人の非常勤講師が担当しています(私の担当科目は大体月2回開講、非常勤講師の科目は月1回開講です)。

単位も論文もない「哲学塾」

講義のレベルは、大体、有名大学哲学科の学部程度(ものによっては大学院レベル)と考えていいでしょう。例えばカントの『純粋理性批判』でしたら、現在の日本の哲学界において最高レベルの解釈をする。いかなる素人さんに対しても、けっしてダイジェスト版を与えることはありません。

ただし大学と違うのは、原文(ドイツ語)で読むことをしないこと。あくまでも定評ある翻訳を使います。それは、ドイツ語を学んでいない人もいるからですが、とくにややこしい箇所はドイツ語も提示して説明します。

他の先生方も大方そうであり、自分は原文にちらちら目をやりながら、指定の翻訳で購読を進めていく。並行して、補足的にプリントを配る人もいますし、アリストテレスの『二コマコス倫理学』の先生は、自分独自の翻訳を使っています。

そして、聴講生の義務は、そこに「いる」こと以外には、順に翻訳文を音読することくらいであり、ほかには何もない。宿題もなければ、試験もなく、単位もなければ、論文指導もなければ、卒業もない。ただ、来て、座っていて、帰るだけです。

次ページなぜこんなに自由な聴講スタイルをとっている?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT