【キーマンズ・インタビュー】1年生OK、インターンシップ必須、ユニーク新卒採用の中身--山崎麻紀・ファーストリテイリング新卒採用リーダーに聞く

【キーマンズ・インタビュー】1年生OK、インターンシップ必須、ユニーク新卒採用の中身--山崎麻紀・ファーストリテイリング新卒採用リーダーに聞く

日本でもっともよく知られている固有名詞のひとつが、「ユニクロ」だろう。幼稚園児も高齢者も知っているし、着ている。2012年3月中旬には超弩級のユニクロ銀座店がオープンし、来店客の行列ができた。

このユニクロの持ち株会社がファーストリテイリングだ。2年前に楽天とともに英語社内公用語化を宣言した。そして昨年末には柳井社長が通年採用の導入を発表し、今年2月初旬の会社説明会から始まった。今回はユニーク新卒採用の中身をユニクロの新卒採用リーダーに聞いた。

--ファーストリテイリングの全体像を簡単に教えてください。

ホームページに「2012年8月期第1四半期業績及び業績見通し」を公開している。連結売上は2011年8月期通期実績で8203億円、2012年8月期予想は9650億円。ユニクロ事業では国内853店舗、海外223店舗を展開し、計1076店舗ある。

その他にもジーユーなどの事業を展開しており、総店舗数は2167(2011年11月現在)。従業員数はグループ全体で1万4612名(2011年8月現在)。社長の柳井は、2020年にグループ売上高5兆円、海外売上高比率7割を目指すと言っている。

 

 


--2010年に社内英語公用語化を宣言しました。同時期に宣言した楽天は、採用時に一定以上の英語力を求めていますが、ユニクロではどうですか?

新卒の選考で英語力は問わない。語学力は高い方がいいが、基準を設けておらず、英語力を理由に落とすことはない。現在の英語の運用は、母語が異なる人が対象の資料や会議は英語で行っているが、国内店舗の日本人同士の会議や打ち合わせは当然日本語を使う。

ただ本社社員と店長の約3000人はTOEIC700点以上がマストだから、入社後に勉強してもらう必要がある。英語は絶対にイヤという人には無理ということになる。

--ユニクロが宣言した通年採用仕組みは?

通年採用を導入した背景には、新卒一括採用の仕組みに対する疑問がある。学生はある時期まで企業との接触を制限されており、社会と触れあい、成長する機会が奪われている。これは会社の論理、都合だと思う。そこで学生がいつでも応募でき、仕事を経験できる通年採用を2013年採用から導入した。

 

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。