【キーマンズ・インタビュー】1年生OK、インターンシップ必須、ユニーク新卒採用の中身--山崎麻紀・ファーストリテイリング新卒採用リーダーに聞く

 

--入社後の教育研修スケジュールを教えてください。

ユニクロの入社日は3月上旬だ。春休みに入っているので、学事日程には抵触しない。わたしがユニクロに入社した2001年の入社日も3月1日だった。その後に1回だけ4月1日にしたことがあったが、教育研修期間が短くなり、無理があることがわかったので、3月1日に戻した経緯がある。

ユニクロの教育研修は、ユニクロ大学という部署が担当している。新入社員は、入社後の1週間でユニクロの歴史、業界におけるポジションなどの知識を学び、社会人としての基礎的行動力を身につける。それから店舗に配属されてOJTで店長の仕事を学んでいく。

そして4月から5月にかけて3回の集合研修がある。OFF-JTで学ぶのは人事管理システムの使い方などで、店舗で店長に密着して体験してきた実務をスキルとして磨くための研修だ。

そして7月末から8月頭に昇格試験があり、受かった人は店長として配属される。この昇格試験が新入社員の最初のキャリアステップだ。


山崎麻紀
ファーストリテイリング新卒採用リーダー
2001年都留文科大学教育学部卒後にファーストリテイリング入社。店長およびエリアマネジャーを経て、2007年から人事部。

(聞き手:HR総合調査研究所(HRプロ) ライター:佃光博=東洋経済HRオンライン)

撮影:山内信也、梅谷秀司

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。